ブラッスリー リップ

マーカーはブラッスリー リップです。

ブラッスリー リップ
[リップ (仏: Lipp)とはフランスパリ6区サン=ジェルマン=デ=プレにある老舗のブラッスリーセレブ向けという評価とともに、スノッブも集まる店という。いわゆる行列が出来る店であり、有名人であっても並ばなくてはならない。予約は受け付けていない。
1870年からの普仏戦争を契機にアルザス=ロレーヌ地方からパリに移住したレオナルド・リップが1880年この地に創設した店を前身とする。店名は故郷を懐かしんで Bords du Rhin「ライン川岸のブラッスリー」とした。テーブル数は10という小規模店ながら、シュークルートとビールを提供する人気のブラッスリーとなった。
1918年にはラギオール出身のマルセラン・カゼスに事業は譲渡されたがメニューは変更せず営業を継続した。顧客はさらに増加し手狭になったので1925年には店舗の面積を2倍に拡張した。ヴィユ・コロンビエ劇場の一座や、小説家、さらには政治家たちがリップを支える常連となっていったのである。
1934年にとある常連客が、リップが主宰する文学賞の創設を提案し、マルセラン・カゼスはそれを受け入れカゼス賞またはリップ賞などと訳される Prix Cazes Brasserie Lipp を創設した。これは1935年を最初の年として2013年現在も継続しており、他で受賞歴がない作家を対象としている。
第二次世界大戦パリ占領下においては占領軍に協力的な態度は取らず、1944年8月25日のパリ開放においては顧客にシャンパンをふるまったという。その後、1955年にマルセラン・カゼスは子息のロジェに店を譲った。
1960年のクロエのファッションショーや1983年のイヴ・モンタン主演映画『ギャルソン!』ではリップが舞台として使用された。
その後、経営母体は変化したが2014年現在も営業中である。
リップ・wikipedia-photo  (wikipedia・リップ_(ブラッスリー)より)]

[ヘミングウェイの作品『移動祝祭日』の舞台となったブラッスリー(軽い食事やお酒がのめるフランスの庶民的なレストラン)。  (wikipedia・6区_(パリ)より)]

[レオナール・リップ(Léonard Lipp)により、1880年に創業された老舗ブラッスリー。サンジェルマン・デ・プレ教会のちょうど大通り向かいあります。その当時、文学関係者などが頻繁に通い、有名人も常連であったというリップ。かつて小説家ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway 1899-1961)もパリ滞在中には通っており、彼の作品『移動祝祭日(A Moveable Feast, 1964年)』の中にも登場しています。又、フランス映画でも人気の作品、イヴ・モンタン(Yves montand 1921-1991)主演の『ギャルソン!(Garçon ! 1983年)』では、イヴ・モンタン演じる主人公アレックスが、ギャルソン(給士人)を勤めるブラッスリーの舞台となったのもここリップ。今も当時のまま、白く長いタブリエ(エプロン)に黒ベスト・蝶ネクタイという、クラッシックなギャルソン達の姿は昔の古き良きパリを映し出す、正に現代に残されるべく貴重なブラッスリーの姿であります。  (「サンジェルマンの老舗ブラッスリー Brasserie LIPP | パリ発フランス情報」より)]

リップ – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がブラッスリー リップです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*