バセレル・サン=ヴァンサン

マーカーはバセレル・サン=ヴァンサンです。

バセレル・サン=ヴァンサン(Passerelle Saint-Vincent)
[バセレル・サン=ヴァンサンはフランスリヨン市のソーヌ川に架かる歩道橋です。
1637年にエンジニアのジャン・クリストフ・マリー(Jean Christophe Marie)によって最初に建設された橋は、1643年に氷で洗い流されました。1656年に新しい橋に代わりましたが、その橋も1711年に同じ運命をたどりました。1777年に再び、長さ80 m未満、幅7 m未満の新しい橋に置き換えられました。1830年代には、古くて補強が不十分なサン=ヴァンサン橋に代わるプロジェクトが開発されました。その後、さらに下流に新しい橋を建設し、サン=ヴァンサン橋を単純な歩道橋に置き換えることが提案されています。1827年、ターピン社は2つの構造物の建設を任されました。サン=ヴァンサン橋は1832年末に供用開始されました。1840年、橋の床版は洪水により損傷を受けましたが、直ぐに修復され、大きな作業は必要ありませんでした。
第二次世界大戦中、この橋は、1944年9月2日のナチス・ドイツ退却中に破壊されなかった唯一の橋です。
歩道橋の長さは76.50 m、幅は2.80 mです。
バセレル・サン=ヴァンサンとソーヌ川・wikipedia-photo、「サン・ヴァンサン歩道橋線形、サンポール教会、バシリカ・ノートルダム・ド・フルヴィエール」・wikipedia-photo]

Passerelle Saint-Vincent – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がバセレル・サン=ヴァンサン(歩道橋)です。

バセレル・サン=ヴァンサン(歩道橋)上のカメラです。

バセレル・サン=ヴァンサン(歩道橋)上・黄昏のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*