リュミエール美術館

マーカーはリュミエール美術館です。

リュミエール美術館(Musée Lumière)(フランス語:Institut Lumière)
[映画の父といわれるリュミエール兄弟。かつてリュミエール一家が営む写真乾板工場があった広大な敷地に、シネマテークや美術館を配したリュミエール研究所がある。彼らが最初の映画『工場の出口』を撮影したのがこの場所だ。1970年代に工場が取り壊された後、リヨン出身の映画監督ベルトラン・タヴェルニエとともに映画評論家やリュミエール家の遺族がこの場所を映画史の貴重な遺産として保存するよう国やリヨン市に働きかけたそうだ。『工場の出口』で撮影された倉庫跡は1995年に文化財に指定され、その3年後に開設されたシネマテークの入口となった。かつて工場労働者たちが出てきたこの門を、今はシネマテークに訪れる映画ファンが行き来している。
かつてリュミエール一家が暮らした豪奢な邸宅は、2003年、映画史の起源をたどる美術館として生まれ変わり、リュミエール兄弟が収集・開発した機材や彼らが世界に派遣したカメラマンたちが撮影した貴重なフィルムなどが展示されている。  (「リュミエール美術館(Musée Lumière)」より)]

工場の出口
[『工場の出口』(フランス語: La Sortie de l’usine Lumière à Lyon)は1895年に公開された短編モノクロ無声ドキュメンタリー映画である。製作・監督はルイ・リュミエール。世界初の実写映画といわれる。
この映画は労働者たちがリュミエールの工場から出てくるシーンのみで構成されている。労働者たちはたいてい女性であり、その日の仕事を終えた人々がフランスのリヨン周辺にある大きな建物から出てくる様子が撮影されている。
この映画には3つの異なるバージョンが存在し、それらの間には多くの異なる点がある。例えば、人物の服装が変化していることから、バージョンによって撮影された季節が異なることが分かっている。これらは最初の2つのバージョンにカーテン付きの馬車が登場する(オリジナルでは一頭の馬が、最初にリメイクされたものでは二頭の馬が馬車を牽いている)ことから、よくそれぞれ「一頭の馬」「二頭の馬」「馬がいない」バージョンと呼ばれる。
工場の出口・wikipedia-photo  (wikipedia・工場の出口より)]

Musée Lumière – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がリュミエール美術館です。

リュミエール美術館展示ホールのカメラです。

リュミエール美術館庭園側のカメラです。

リュミエール美術館庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*