パニエ通り

マーカーはRue des Muettes交差点です。

[旧市街「パニエ地区」(Vieille Ville, le Panier)。細く曲がりくねった路地など中世の都市構造が、現在も旧港の北岸、ムーランの丘の上にある「パニエ地区」に残る。この地区にはマルセイユの中でももっとも古い建造物を見ることができる。古代ギリシア古代ローマ時代の遺構から 16 世紀(ダイヤモンド型の壁面をした邸宅)、また 17~18 世紀(施療院、市立病院…)の建築が揃う。現在再整備中のこの地区には現在、多くの手工芸職人が集まり、サントン人形のアトリエ、石鹸のショップ、チョコレート屋、陶器や焼き物の店など新しい店が増えている。  (「マルセイユ – Office du Tourisme et des Congrès de Marseille」より) ]

パニエ通り(Rue du Panier)
[パニエ通りはマルセイユの2区(2e arrondissement de Marseille)に位置し、Place des Treize Cantons(Rue Sainte-Françoise)からRue des Belles Ecuelles(Rue des Cartiers)まで「パニエ地区」を東西に横切る小路で、レヴァント(Levant)からクサント(Couchant)にまたがるマルセイユの最古の地区の名であるパニエ通り、旧ソトラン通りです。おそらく、その名前は、1683年の市報で証明された存在に由来するものと思われます。コミュニティの生活と村の連帯を促す古い狭い通りで、パニエは長い間移民人口を収容してきました。 コルシカ人イタリア人の漁師、航海士、小さな商人、その他のあまりお勧めできない人たちが住んでいました。この地区の評判は非常に悪かった。 現在、アルジェリア人ベトナム人などもそこに住んでいます。現在、その修復された地域は、そのサイトの魅力のおかげで、裕福な住民の新しいカテゴリを引き付けています。シーフード・海鮮料理店「Entre Terre & Mer」、バー「Bar André」、ビストロ「Bistrot des Pistoles」、ブラッスリーLes Delices Du Panier」等の大衆酒場的な雰囲気の居酒屋、飲食店が並ぶマルセイユのオアシスです。
サントフランソワーズ通りの角にあるテレビシリーズ『より美しい生活(Plus belle la vie)』のブティック・wikipedia-photo]

カメラ位置はサント・フランソワーズ通り(Rue Sainte-Françoise)交点で、カメラ東方向がパニエ通りで、カメラ南南東方向がテレビシリーズ『より美しい生活(Plus belle la vie)』で撮影された店舗です。

カメラ位置はRue des Muettes交差点で、カメラ西、東方向がパニエ通りです。

カメラ位置はRue des Cartiers交点で、カメラ西方向がパニエ通りです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*