マルセイユ・オペラ座

マーカーはマルセイユ・オペラ座です。

マルセイユ・オペラ座(Opéra municipal de Marseille)
[マルセイユ・オペラ座は、1786年7月14日にプロヴァンスを意識したしたムッシュ・ド・ラ・トゥール(Monsieur de La Tour)によって基礎石が敷かれた、旧グランテアトル跡に建てられました。 落成式は1787年10月31日。
1919年11月13日、ジャコモ・マイアベーアによるアフリカの女(L’Africaine)のリハーサルの後、建物のほぼ全体が火災により破壊されました。現在、1787年に遡るコロネード(列柱)とペリスタイル(中庭)、そして舞台を囲む古いパフォーマンスホールにあったアントワーヌ・ブールデルによる大きなフリーズが残っています。
1920年11月16日に自治体が再建プログラムを採用しました。 開始された作業は、部門の建築家ガストン・カステル(Gaston Castel)の指揮の下、3年半で完了しました。新しいオペラ座の開会式は、1924年12月3日行われました。
マルセイユ・オペラ座は、1997年2月13日以来、歴史的建造物として分類されています。
オペラ座のファサード・wikipedia-photo]

マルセイユ市立オペラ – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がマルセイユ・オペラ座です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*