マルセイエーズ広場

マーカーはマルセイエーズ広場です。

マルセイエーズ広場
[1920年代に造られたサンシャルル駅の記念碑的な階段は、今日の鉄道ビルと同じくらい象徴的です。
サンシャルル駅の記念碑的な階段の歴史を見る前に、サン・シャルル駅に戻る必要があります。 1848年に、サン・シャルル高原で建設が始まり、街の残りを見下ろしました。 それにアクセスするために、駅の遊歩道の角にすでに階段がありましたが、今日知っているものよりもはるかに小さいものでした。
1850年代の終わりから、マルセイユへの訪問者がサン・シャルル駅を他の都市、より正確にはラ・カヌビエール (La Canebière)の大通りの交差点に接続することが絶対に必要になりました。 この問題に対処するために、19世紀の終わりに建築コンクールが開始され、発表されたプロジェクトのほとんどは、ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院のようにケーブルカーの建設を提案しました。
1909年、アテネの大通り(Boulevard d’Athènes)の最上部を駅の遊歩道に接続するための記念碑的な階段の建設という別のプロジェクトが最終的に選ばれました。 ラ・カヌビエールとサン・シャルル駅の間のケーブルカーが当時保持されていたとしたら、今日のマルセイユの中心はどのように異なっていたでしょうか。
1911年4月、さまざまな形の階段の3つの提案の中で、SenèsとArnalの建築家のプロジェクトが支持され、当時、駅とアテネの大通りの間で可能な限り最高の連続性が提供されました。 しかし、建物の最初の石が置かれたのは1923年でした。 技術的および財政的な問題によって説明されますが、特に第一次世界大戦の勃発によって説明される遅延が最たるものです。
階段の最初の就任式は、1925年12月22日に行われ、装飾工事が完了することなく供用開始されました。 1927年4月24日に、特に当時のフランス共和国大統領であるガストン・ドゥメルグ(1924年 – 1931年)の前で、さまざまな作品が完全に完成した2回目の就任式が開催されたのはこのためです。
7つのレベルと15メートルの高さの104の階段が点在するサン・シャルル駅の階段は、「記念碑」という称号を損なわない。 これらの印象的な寸法に加えて、さまざまな彫刻のグループがその全長にわたって飾られています。動物の作品で知られるマルセイユの彫刻家、アリ・ビッター(Ary Bitter)のグループが階段の最上部にいます。 左側には「太陽と海」、右側には「世界はエネルギー」と呼ばれる彫刻があります。  (「Grimpez l’Escalier Monumental de la gare Saint-Charles à la …」)

Escalier Gare Saint-Charles – Google Map 画像リンク

マルセイエーズ広場階段上のカメラで、カメラ東南東方向にアリ・ビッター作の彫刻『太陽と海』、カメラ西南西方向に『世界はエネルギー』があります。

カメラ北方向がマルセイエーズ広場の階段です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*