フルダ (furdas・豚小屋)

マーカーはフルダ (furdas・豚小屋) です。

フルダ (furdas・豚小屋)
[以前は村中に散らばっていたフルダ (豚小屋) はこの共有エリアに集められ、その他のエリアでは公衆衛生上の理由から、東からモンサント城に上る道の両側に有機的に並べられていました。 フルダの大部分は伝統的なモデルに従っています。シェルターは平面図が円形で、乾いた石の壁があり、偽のドームで覆われています。天蓋は石で形成され、閉じるまで連続する水平列にわずかに前進します。土被覆。 石壁に囲まれた中庭に通じるドアがあります。過去には、豚肉はソーセージに変化するため、長期的な食料源として重要でした。そして、地元ではマタソン(Matacão・巨礫)と呼ばれる彼らの屠殺の瞬間は重要な家事任務であり、毎年家族で祝う儀式が行われるようになりました。  (「Furdas ou Pocilgas – Aldeias Históricas de Portugal」より)]

Furdas – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がフルダ (furdas・豚小屋) です。