プッブリコ宮殿(サンマリノ政庁舎)

マーカーはサンマリノ政庁舎です。

サンマリノ政庁舎(プッブリコ宮殿)
[政府宮殿としても知られるプッブリコ宮殿、サンマリノ共和国の公式儀式が行われる場所であり、行政の長である執政(Capitani Reggenti)府、大評議会(Consiglio Grande e Generale)、XII評議会(Consiglio dei XII)、および州議会(Congresso di Stato)などの主要な機関および行政機関の所在地でもあります。
州都サンマリノ市ティターノ山に位置します。
この建物は、14 世紀末 (1380 ~ 1392 年) 頃に建てられたドムス マグナ コムニス(Domus Magna Comunis)、つまり古い宮殿があった場所に建っています。古い建物は何度も修復されましたが、19 世紀の終わりに取り壊されました。
政府庁舎としても知られるこの新しい公共の建物は、ローマの建築家フランチェスコ・アズーリ(Francesco Azzurri)の設計により、1884 年から 1894 年にかけて建設されました。アズーリは、13 世紀から 14 世紀の市庁舎の厳しくもシンプルなスタイルで設計しました。礎石は 1884 年 5 月 17 日に置かれ、厳粛な落成式は 1894 年 9 月 30 日に行われました。式典の演説者はジョズエ・カルドゥッチで、この場で「永遠の自由について」演説を行った。
建築家ジュゼッペ・レフィ(Giuseppe Reffi)の指導の下、石材の加工には地元の労働者が採用され、装飾、調度品、工芸品には外国の職人が選ばれました。
1996 年 9 月 30 日、建築家 ガエ・アウレンティ(Gae Aulenti)の指揮により修復および再構築プロジェクトが完了しました。
プッブリコ宮殿のファサードは 3 つの尖頭アーチで支えられており、3 つの大きな開口部と時計塔の存在が特徴です。
砂岩の表面にはイタリアの著名な家族の紋章があり、古代共和国を構成していた 4 つの城、つまりセッラヴァッレ(Serravalle)、フィオレンティーノ(Fiorentino)、ファエターノ(Faetano)、モンテジャルディーノ(Montegiardino)の紋章が柱廊玄関のアーチの上に挿入されています。
ファサードの右側には、彫刻家ジュリオ・タドリーニ(Giulio Tadolini)によって 1894 年に制作された共和国の創設者聖マリノの銅像があります。時計塔には、聖レオ(Leo di Montefeltro)、アガタ(Sant’Agata)、マリノを描いたモザイク三連祭壇画があります。
塔の狭間胸壁も本体の狭間胸壁もグエルフ系(Guelfi)である。
ファサードの中央にはバルコニーがあり、毎年 4 月 1 日と 10 月 1 日に、その学期に選出されたキャプテン摂政の名前が発表されます。
柱廊玄関の下には 3 つの大きな入り口ドアがあり、同じくジュリオ タドリーニによって作られた、建築家フランチェスコ アズーリを描いた大理石の胸像があります。
偉大なる評議会のホール
大評議会および一般評議会のホールは、共和国の議会活動を実施することを目的としています。ガエ・アウレンティが設計した60の議員用ベンチに囲まれている。正面の壁には、1894 年にエミリオ レトロシ(Emilio Retros)によって作成された、サンマリノの人々への幻影を描いた大きなテンペラが見えます。聖人は、サンマリノの人々に自由と独立の理想を与えるティターノ山の最初の傾斜路に描かれています。聖人の右側には摂政の二人のキャプテン(そのうちの一人はピエトロ・トンニーニ(Pietro Tonnini))がおり、左側にはギルドの旗を持った人々がいる。この作品には、第一次世界大戦中にイタリア軍に志願兵として入隊した後、カルソ川で死亡するサンマリノ市民のサディ・セラフィニという産着を着た赤ん坊が描かれている。
室内のその他の装飾は、シエナの画家ピエトロ ロリ(Pietro Lolli)、ジュゼッペ ロッシ(Giuseppe Rossi)、カルロ メルリーニ(Carlo Merlini)の作品です。
プッブリコ宮殿(サンマリノ政庁舎)・wikipedia-photo、夜のプッブリコ宮殿・wikipedia-photo、時計塔・wikipedia-photo、「自由の女神、1876 年にオティリア・ヘイロート・ワグナーによって寄贈されました。 政府庁舎前のピアネッロ、またはリベルタ広場にあります。」・wikipedia-photo、偉大なる評議会のホール・wikipedia-photo  (wikipedia・Palazzo Pubblico (San Marino)より)]

共和国宮殿(Palazzo Pubblico della Repubblica di San Marino) – Google Map 画像リンク

カメラ位置は Liberty Square で、カメラ北北西方向がプッブリコ宮殿(サンマリノ政庁舎)、カメラ東北東方向に自由の女神像(Statua della Libertà (San Marino))が建っています。

カメラ北西方向プッブリコ宮殿(サンマリノ政庁舎)ファサード右角に聖マリノの銅像があります。

評議会ホールのカメラです。