カステレット要塞

マーカーはカステレット要塞です。

カステレット要塞(英語:Kastellet, Copenhagen、デンマーク語:Kastellet)
[デンマークコペンハーゲンにあるカステルレット(英語:The Citadel)は、北ヨーロッパで最も保存状態の良い要塞の1つです。それは五角形の形で構築されており、その角には要塞があります。 カステレットは、かつてコペンハーゲンを取り囲んでいた要塞化された城壁のリングと連続していましたが、今日ではクリスチャンハウンの城壁のみが残っています。
シタデル教会(Kastelskirken・Citadel Church)や風車を含む多くの建物がカステレット要塞の敷地内にあります。この地域にはさまざまな軍事施設がありますが、主に公園や史跡としての役割を果たしています。
デンマーク王クリスチャン4世(在位:1588年 – 1648年)は、1626年に市の北海岸に高度なポスト、サンクト・アンネ・スカンセ(Sankt Annæ Skanse ・英語:St. Anne’s Redoubt)を建設して、カステレット要塞の建設を開始しました。基地は、シェラン島(Zealand)とアマー島(Amager)の間の海峡の反対側に設立されたばかりのクリスチャンハウン(Christianshavn)の北に建設された小要塞とともに、港の入り口を守っていました。当時、要塞は現在のノルレポート駅(Nørreport station)と同じくらい北に達し、その後南東に戻って王立造船所のブレマーホルム(Gammelholm)の海岸に合流しました。 しかし、王の計画の一部は、古い東の城壁を放棄して要塞都市の面積を拡大し、代わりに城壁を真っ直ぐ北に延長してそれをサンクト・アンナ・スカンセ(Sankt Annæ Skanse)に接続することでした。この計画は、デンマーク王フレデリック3世(在位:1648年 – 1670年)がクリスチャン4世の後を継いだ1640年代半ばまで完成しませんでした。
スウェーデンのコペンハーゲン包囲(第1次デンマーク戦争・1658–1660)の後、オランダの技術者ヘンリック・リューゼ(Henrik Rüse)が、建設の再建と延長を支援するために呼ばれました。要塞はシタデルレット・フレデリクスハウン(Citadellet Frederikshavn・「シタデル・フレデリクの港(The Citadel Frederik’s harbor)」)と名付けられましたが、カステレット(Kastellet・「シタデル(The citadel)」)として知られています。
カステレットは、コペンハーゲンの戦い(1807)でイギリスに対するコペンハーゲン防衛の一部でした。
デンマーク絵画の黄金時代に関連したデンマークの画家、クリスチャン・ケプケ(Christen Købke・1810–1848)は、カステレで育ち、この地域の多くの絵画を制作しました。
1940年4月9日にナチス・ドイツがデンマークに侵攻した際、近くの港に上陸したナチス・ドイツ軍は抵抗なくシタデルを占領しました。
カステレット要塞は、1989年から1999年にかけて、A.P.モラーと妻のシャスティン・マッキーニー・モラー(A.P. Møller and Wife Chastine McKinney Møllers)からの資金で改装されました。
カステレット要塞平面図

Kastellet cirka 1750:
1) Spitsbergens Lynette
2) Færø Reduit
3) Hetlands Reduit
4) Lollands Kontregarde
5) Norges Reduit
6) Norges Ravelin
7) Østerports Ravelin
8) Grønlands Bastion
9) Bornholms Ravelin
10) Prinsens Bastion
11) Norgesporten
12) Prinsessens Bastion
13) Møens Kontregarde
14) Kongens Bastion
15) Pinnebergs Reduit
16) Fyns Ravelin
17) Dronningens Bastion
18) Kongeporten (Sjællandsporten)
19) Grevens Bastion
20) Falsters Kontregarde
21) Sjællands Reduit
22) Sjællands Ravelin[1].
カステレットの鳥瞰写真・wikipedi-photo、「デンマークのコペンハーゲンにあるThe Citadel(Kastellet)の城壁の頂上からの360度のパノラマ。風車を含むさまざまな機能を示しています。」・wikipedi-photo、王の門の外の景色・wikipedi-photo、北門の内側・wikipedi-photo、兵舎・wikipedi-photo、女王の砦のパウダーハウス・wikipedi-photo、教会の裏側にある刑務所・wikipedi-photo、司令官の家・wikipedi-photo、倉庫の一つ・wikipedi-photo、カステレットの風車・wikipedi-photo、かつての土工は現在緑地として機能している・wikipedi-photo、Kastelskirkenの教会と隣接刑務所図・wikipedi-photo]

カステレット要塞 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がカステレット要塞の南側城門です。

カメラ位置は要塞内、カメラ南南東方向がカステレット要塞の南側城門です。

カメラ位置は要塞内、カメラ北方向がカステレット要塞の北側城門です。

カメラ位置は要塞内、カメラ北北東方向がカステレット要塞の北側城門です。

カメラ南南西方向がカステレット要塞の北側城門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*