コペンハーゲン国立美術館

マーカーはコペンハーゲン国立美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「コペンハーゲン国立美術館

コペンハーゲン国立美術館(日本語:コペンハーゲン国立美術館、英語:National Gallery of Denmark)
[17世紀、オランダから後期ルネッサンスの文化が入ってきたことにより、デンマークでは王室をはじめ、有力貴族たちが競ってオランダ絵画を買い集めた。19世紀になって、王室によるコレクションを一般に公開しようという機運が高まり、コレクションを展示する場所として、エスター・アンレッグ公園にあるこの場所が選ばれた。1889~96年にかけて建物が建築され、華麗な外観の美術館が完成したのである。
ルーベンスRubensやレンブラントRembrandt、ムンクEdvard Munchなどのコレクションがある。特にアンリ・マティスHenri Matisseの作品が充実している。デンマークは、残念ながら世界的な画家を輩出していないが、フランス印象派の出現の前後に国内で活躍したコンスタンティン・ハンセンConstantin Hansen、ヨイ・ルンドビューJ.Lundby、テオドア・フィリップセンTheodor Philipsen、ハラルド・ギエアシングHarald Giersing、エドヴァルド・ヴァイスEdward Weiseなどの作品がある。いずれも穏やかな色調からあたたかみが感じられる。  (「地球の歩き方」より)]

コペンハーゲン国立美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がコペンハーゲン国立美術館です。

コペンハーゲン国立美術館エントランスホールのストリートビューです。

カール・ハインリッヒ・ブロッホ作『ローマのオステリアにて(In a Roman Osteria)(制作年 1866)』(wikipedia-photo)

ミカエル・アンカー作『救命艇は砂丘を駆け抜ける』(1883年)(wikipedia-photo)

ピーテル・パウル・ルーベンス作、中央右『ソロモンの裁き(The Judgement of Solomon)』(作成日:About 1617)、左『アントワープのシント・ミシェル修道院の修道院長(Matthaeus Yrsselius (1541-1629), Abbot of Sint-Michiel’s Abbey in Antwerp)』(作成日:About 1624)

ルーカス・クラナッハ作『マルティン・ルターの肖像(Portrait of Martin Luther)』(制作年:1532)

L・A・リング(L. A. Ring)作品・カメラ初期設定左『Harvest』(制作年 1885)、中央『庭の戸口で、アーティストの妻(At the French Windows. The Artist’s Wife)』(制作年 1897)、右『Whitewashing the Old House』(制作年 1908)

カメラ初期設定上、ピーター・アルトセン(Pieter Aertsen)作『The Fat Kitchen』(制作年:1565-1575)

P. C. スコヴガード(P. C. Skovgaard)作『5月、アイスリンゲンマナー、ジーランド近くのブナの森(A Beech Wood in May near Iselingen Manor, Zealand)』(制作年 1857)

ヴィルヘルム・ハンマースホイ作品ルーム・カメラ初期設定方向『アーティストの妻とコペンハーゲンのストランドゲードのアーティストの家の部屋(A Room in the Artist’s Home in Strandgade, Copenhagen, with the Artist’s Wife)』(1901年)。

ヴィルヘルム・ハンマースホイ作品ルーム・『クレスチャンボー宮殿、晩秋』(1890 – 92)(wikipedia-photo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*