デンマーク国立博物館

マーカーはデンマーク国立博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「デンマーク国立博物館

デンマーク国立博物館(Nationalmuseet)
[デンマーク最大のコレクションを誇る博物館。建物は18世紀、後のフレデリック5世王となるフレデリック皇太子とルイーズ皇太子妃のために建てられたものだ。展示はデンマークに関するものが最も多く、ヴァイキング時代のものから、中世ルネッサンス時代、17世紀、現代デンマークの展示室がある。特にデンマーク・コレクション部門の入口付近にある「太陽の車Solvogn」と呼ばれる黄金の日輪を運ぶ車は、紀元前1200年頃の青銅器時代のもので、デンマークの歴史上最大の発掘品だといわれている。ほかに王室や国外の古代から近代にかけてのコイン、メダルコレクション、民族学に関してはグリーンランドイヌイットや、アラスカエスキモーに関する展示が充実。エジプトギリシアの文化的遺産の展示室もある。  (「地球の歩き方」より)]

[デンマーク国立博物館(Nationalmuseet, 英語:National Museum of Denmark)はデンマークのコペンハーゲンにあるデンマークの主要な文化史の博物館である。そこではデンマークと外国の文化の歴史を等しく取り扱っている。
デンマーク先史時代の区画は、数年がかりの修繕後、2008年5月に再開された。
デンマーク国立博物館の本部・wikipedia-photo  (wikipedia・デンマーク国立博物館より)]

[●トロンハイムの太陽の馬車(Solvognen)・wikipedia-photo
トロンハイムの太陽の馬車は、デンマークで発見された北欧の青銅器時代の遺物です。それは太陽の戦車、馬のブロンズ像、およびスポーク付きの車輪を備えた装置に置かれた大きなブロンズディスクを表しています。
黄金の角(Guldhornene)・wikipedia-photo
●黄金の角(Guldhornene) は、デンマークの南ユトランド地方のトゥナ(Tønder)の北にあるガレーフス村(Gallehus)で発掘された長短2本1対の金の角である。1639年に長い1号が、1734年に短い2号がそれぞれ見つかった。後者は前者の発見場所から15〜20m離れたところから出土した。これらは5世紀のものとされている。
長い方の角、1号は1639年6月20日ガレーフス村で農民の少女キーステン・スヴェンダタァがムーイルトゥナ(Møgeltønder)の町の近くにあるガレフス村で発見した。彼女がそれを見つけたとき角は地面から突き出していた。彼女はデンマーク王クリスチャン4世(在位:1588年 – 1648年)に宛てて手紙を書き、角は王に納められた。角は王から孫の王太子のクリスチャン(後のデンマーク王クリスチャン5世(在位:1670年 – 1699年))へ与えられたが、彼はそれを角杯に作り変えた。デンマークの古物研究家オレ・ウォームは1641年に学術論文『黄金の角について』(De aureo cornu)の中でこの角について論述している。現存する最古のスケッチはこの論文の中で描かれたものである。また1678年に出版された学術雑誌 Journal de Savants にも1号に関する記述が見られる。1978-79年に、元の図面と測定値に関してより正確な新しいセットが作成されました。
約100年後の1734年4月21日に1号が見つかった所からそう遠くない場所からエリック・ラッセンが2号を発見したが、これは欠落した部分があり1号よりも短かった。ラッセンはこれをシャーケンボーの伯爵に献上したが、伯爵はデンマーク王クリスチャン6世(在位:1730年 – 1746年)へ200リグスダレル(Danish rigsdaler)で譲渡した。これ以降、これらはクリスチャンスボーの王立美術収蔵室へ納められた。(wikipedia・黄金の角より)
●グンデストルップの大釜(Gundestrupkarret)
グンデストルップの大釜は装飾がふんだんに施された銀器で、紀元前1世紀のラ・テーヌ文化後期のものとされている遺物である。1891年、デンマークの北ユラン地域のAarsという町のグンデストルップという集落に近い泥炭沼で見つかった。
●ダグマー・クロス(Dagmar Cross)・wikipedia-photo
ダグマークロス(ダグマーコルセット)として現在よく知られている胸の十字架は、1683年に墓が開かれたときに、クイーンダグマー遺跡の胸の上に横たわっているのが発見されました。1695年、十字架はデンマーク国立美術館に寄付されました。
●クロンボーのタペストリー
デンマーク王フレゼリク2世(在位1559年 – 1588年)はスウェーデン王エリク14世(在位:1560年 – 1568年)と戦争(北方七年戦争)をしました。彼らは常にお互いに勝とうとしていました。1581年、デンマークの王は、クロンボーのボールルームを飾るために高価な織物タペストリーを注文しました。これは、彼のライバルがスウェーデン王の家族史を描いた一連のタペストリーを依頼したためです。フレゼリク2世は、ライバルより1つ上手く行かなければならなかった。その結果、デンマークの101人の君主と伝説の王を描いた43のタペストリーができました。伝説のダン王からクリスチャン4世までの1,000年の王室の歴史と神話は、絹と糸に織り込まれました。 一部の王は他の王よりも伝説的でした。この傑作の最高の栄光は、金と銀で編まれた天蓋でした。タペストリーの作業は1586年に完了しました。しかし、43のタペストリーのうち15のみが今日まで残っています。 タペストリーの7つはクロンボーにあります。(「The Kronborg Tapestries – Explore the Castle – Kronborg …」より)]

デンマーク国立博物館ホームページ

デンマーク国立博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がデンマーク国立博物館です。

デンマーク国立博物館エントランスホールのストリートビューです。

トロンハイムの太陽の馬車(Solvognen)

黄金の角(Guldhornene)

グンデストルップの大釜(Gundestrupkarret)

カメラ北東方向・ガラスケースの中にダグマー・クロス(Dagmar Cross)があります。

8枚のクロンボーのタペストリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*