ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館

マーカーはニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館です。

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館(英語:Ny Carlsberg Glyptotek、デンマーク語:Ny Carlsberg Glyptotek)

[Google アートプロジェクト] – 「ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館

[ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館( Ny Carlsberg Glyptotek)は、デンマークの首都コペンハーゲンにある美術館の名称。ニュー・カールスバーグ美術館とも。収蔵品はカールスバーグ社の創始者J. C. ヤコブセン(1811年生、1887年没)の息子、カール・ヤコブセン(1842年生、1914年没)の私的なコレクションが中心である。カール・ヤコブセンは父の経営に反発してニイ・カールスベルグ(ニュー・カールスバーグ)という別会社を創始しており、両社は1906年に再度合同するものの、美術館にはいまもなお「ニイ・カールスベルグ」の名が付けられている。グリプトテーク(「彫刻陳列館」)の名の通り、最初は古代以来の彫刻作品がコレクションの中心だったが、次第に絵画や版画などへも収集分野を広げていった。美術館のコレクションにはエジプトローマギリシャなど古典古代のアンティークを始め、ロマン派の彫刻や絵画、デンマーク黄金時代の作品も含まれている。美術館にはエトルリアのコレクションもあり、イタリア外における大規模なものの1つである。美術館にはクロード・モネカミーユ・ピサロピエール=オーギュスト・ルノワールエドガー・ドガポール・セザンヌなど、印象派の画家による作品群の他に、ポスト印象派フィンセント・ファン・ゴッホアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックピエール・ボナールの作品も収蔵されている。特に館内のオーギュスト・ロダンの彫刻は、フランス外部では最も重要なロダンの彫刻コレクションであると考えられている。美術館の持つコレクションには他にも、踊り子の連作を含むドガの銅像彫刻作品が含まれる。美術館の様々な部門では、ノルウェー系デンマーク人の彫刻家、ステファン・シンディングによる作品が、目立って呼び物にされている。
様々なコレクションを収容する建物は、中心にある亜熱帯のウィンターガーデン(冬園)など、その上品さが賞賛を受けている。建築家のウィルヘルム・ダーララップは美術館の最初の翼部を造り上げ、1897年に落成となった。間もなく1906年に建築家のハック・カンプマン(1856年生、1920年没)により、新たな翼部分が建設されて拡張が行われ、古代の作品のコレクションが収容されるようになった。1996年、美術館はデンマークの建築家、ヘンイング・ラルセンにより、更なる拡大が施されている。また、このグリプトテク美術館では、公的な会議や祝宴が催されることもあり、2002年6月21日に行われたヨーロッパ・ポリオフリー証明などがその一例である。
「ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館、外観」・wikipedia-photo、ウィンターガーデン・wikipedia-photo、パームヤシの中庭・wikipedia-photo、オーギュスト・ロダンの『考える人』・wikipedia-photo、オーギュスト・ロダン作『接吻』(1903年にロダンによって制作されたレプリカ)・wikipedia-photo、オーギュスト・ロダン作『カレーの市民』・wikipedia-photo、エドガー・ドガ作の『踊り子』・wikipedia-photoポール・ゴーギャン作『ヴァヒネ・ノ・テ・ティアレ(花を持つ女)』(制作年 1891年)・wikipedia-photoギュスターヴ・クールベ作『Three Young Englishwomen by a Window』(制作年 1865年)・wikipedia-photo、ピーター・クリスチャン・タムセン・スコヴガード(P. C. Skovgaard)作『5月のブナ林(Beech Forest in May)』・wikipedia-photo  (wikipedia・ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館より)]

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館ホームページ

ニューカールスベア – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館です。

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館エントランスのストリートビューです。

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館パームヤシの中庭のストリートビューです。

エドガー・ドガの『踊り子』

オーギュスト・ロダン作『接吻』(1903年にロダンによって制作されたレプリカ)

オーギュスト・ロダン作『カレーの市民』
[オリジナルの鋳型から作られる像のエディション数は12となっており、すべてのエディションが1995年までに鋳造され各地の施設や美術館に納められた。エディションの1番目は現在もカレー市庁舎前にある。その他のエディションは以下の場所に展示されている(カッコ内は鋳造された年)。
1.– カレー市庁舎(1895年) 位置
2.– コペンハーゲンのニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館(1903年)  (wikipedia・カレーの市民より)]

54室 – ピーター・クリスチャン・タムセン・スコヴガード(P. C. Skovgaard)作『5月のブナ林(Beech Forest in May)』

55室 – クリストファー・ヴィルヘルム・エッカースベルグ作『ベルテル・トーヴァルセンの肖像画』(制作年 1838年)

56室 – ポール・ゴーギャン作『ヴァヒネ・ノ・テ・ティアレ(花を持つ女)』(制作年 1891年)

61室 – ピエール=オーギュスト・ルノワール作『Young Girls』(Google Arts Culture – 画像リンク)

61室 – ジャック=ルイ・ダヴィッド作『Portrait of the Comte de Turenne』(1816年)(Google Arts Culture – 画像リンク)

64室 – 右・ギュスターヴ・クールベ作『Three Young Englishwomen by a Window』(制作年 1865年)、左・エドゥアール・マネ作『アブサンを飲む男(The Absinthe Drinker)』(制作年 1859年)。