ヒアシュプロング美術館

マーカーはヒアシュプロング美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ヒアシュプロング美術館

ヒアシュプロング美術館(英語:Hirschsprung Collection、デンマーク語:Den Hirschsprungske Samling)
[ヒアシュプロング美術館は、コペンハーゲンにある美術館である。
タバコ産業で財を成した実業家のハインリヒ・ヒアシュプロングは芸術家のパトロンでもあり収集家でもあった。ヒアシュプロングは自身のコレクションを1902年にコペンハーゲンに寄贈し、1911年より一般公開されるようになった。
クリストファー・ウィルヘルム・エッカースベルグウィルヘルム・ベンズヴィルヘルム・ハンマースホイペーダー・セヴェリン・クロイヤー、フレツ・スュベア、ミカエル・アンカークリスティアン・サールトマンなど、デンマーク黄金時代の絵画が中心となっている。
ヒアシュプロング美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・ヒアシュプロング美術館より)]

ヒアシュプロング美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がヒアシュプロング美術館です。

ヒアシュプロング美術館インフォメーションルームのストリートビューです。

ミカエル・アンカーとアンナ・アンカー夫婦の作品展示ルーム・カメラ南方向左、ミカエル・アンカー作『妻の肖像(Portrait of my wife)(作成日:1884)』、中央上ミカエル・アンカー作『病床で(By a sickbed)(作成日:1879)』、中央下アンナ・アンカー作『鴎の羽を毟り取る老いた夫婦、 ラース・ガイヘードと老いたレネ(Old couple plucking gulls. Lars Gaihede and old Lene)(作成日:1883年)』、右ミカエル・アンカー作『子供を気にする盲目のクリスチャン(Blind Kristian minding a child)(作成日:1885)』

ペーダー・セヴェリン・クロイヤー作品ルーム・カメラ初期設定方向左壁に『スカーゲンのビーチでの夏の夜。 画家と彼の妻。(Summer evening on the beach at Skagen. The painter and his wife)』、右の大きな画が『スカーゲンソンダーストランドの夏の日(Sommerdag paa Skagen Soenderstrand)』です。

ヴィルヘルム・ハンマースホイ作品、カメラ初期設定方向左壁・『若い女性の肖像画。 アーティストの妹アンナ(Portrait of a young woman. The artist’s sister Anna)(作成日:1885)』、右端・『冬のソンダーマルケン公園(Søndermarken Park in winter)(作成日:1895 – 1896)』

クリストファー・ヴィルヘルム・エッカースベルグ作品・カメラ初期設定方向左下『Sanderumgårdの公園の東屋(Arbour in the park of Sanderumgård)(作成日:1807)』、右下『クロンボー城の北を見る(View north of Kronborg Castle)(作成日:1810)』

クリスチャン・サートマン作品ルーム・カメラ初期設定方向左『ライムを運ぶ少女(Young women transporting lime. Civiitá d’ Antino)(作成日:1883)』、右『クリスチャン7世の宮廷の風景(Scene from the court of Christian VII)(作成日:1873)

ヴィルヘルム・ベンズ作品・カメラ初期設定方向左下に『アマリエゲーゼ家の室内(Interior from Amaliegade. Captain Carl Ludvig Bendz standing and Dr. Jacob Christian Bendz seated)(作成日:Ca. 1829)』、右端下『フュンからの冬の風景(Winter lanscape from Funen)(作成日:1831)』です。その上にクリスチャン・ケプケ作の『ヴィルヘルム・ベンズ』があります。また左壁中央にクリスチャン・ケプケ作『フレデリクスボー城(作成日:1835)』、カメラ南南西方向・入口左下に『風景画家フレデリック・ソドリングの肖像(Portrait of the landscape painter Frederik Sødring)(作成日:1832)』があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*