ロイヤルコペンハーゲン

マーカーはロイヤルコペンハーゲンです。

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)
[ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)は、デンマーク陶磁器メーカー。正式名称は「ロイヤル・コペンハーゲン陶磁器工房」(The Royal Copenhagen Manufactory)。絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、シェーブナンパーが入れられている。
古くから日本の古伊万里染付の影響を強く受け、手描きによるコバルトブルーの絵柄が特徴。1868年から制作されている下絵の手描きのブルーバターン「ブルーフルーテッド」はベストセラーのひとつ。唐草模様パターンで緻密なレース技術が繊細で格調高く世界中で愛されているが特に日本人の人気を集めている。1908年以来欠ける年なく続いているイヤープレート(クリスマスプレート)も人気商品のひとつ。
ボーンホルム島で良質のカオリンが発見され、1773年、フランツ・ヘンリック・ミュラーがデンマークで初の硬質磁器を完成させる。1775年にクリスチャン7世国王(在位:1766年 – 1808年)とユリアナ・マリア王太后の援助によって「ロイヤルコペンハーゲン」王室御用達窯となった。さらに1779年、ユリアナ・マリア王太后がマイセンより技術者を集め、民間企業だったこの窯は王室が株を買い占め、王立デンマーク磁器製陶所となった。1868年、王室はロイヤルの称号を残すことを条件に、窯の株式を大商人のブラックに売却し、民間企業となって現在に続く。  (wikipedia・ロイヤルコペンハーゲンより)]

ロイヤルコペンハーゲン本店 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)本店です。また、ロイヤル・コペンハーゲン本店1階の中庭にロイヤル・カフェ(The Royal Cafe)がある。  

ロイヤルコペンハーゲン中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*