人魚姫の像

マーカーは人魚姫の像です。

人魚姫の像
[人魚姫の像はハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話・人魚姫を基にした像。デンマークコペンハーゲンにあり、観光名所として知られる。人魚姫の物語を演じたバレエに感銘を受けた、カールスバーグ醸造所の創立者の息子カール・ヤコブセンが1909年人魚姫の像の制作を要請し、彫刻家エドヴァルド・エリクセンにより制作され1913年8月23日公開された。そのバレエの主役を演じ当時デンマーク王立劇場プリマドンナであるエレン・プリースがモデルだったが、彼女が裸体モデルを拒否したため頭部のみのモデルとなり、エドヴァルドの妻で、E・H・エリック岡田眞澄兄弟の伯母にあたるエリーネ・エリクセンが、首から下のモデルとなっている。アンデルセンの原作では、腰から下は魚だったはずだが、この人魚像は二本足の足首の辺りまで人間で、それ以下が魚のひれになっている。それは、肢体のモデルになったエリーネの脚があまりに美しく、鱗で覆うのがしのびなかったためとの説がある。人魚姫の像は幾度かに渉って損壊されており、その度に修復されている。  (wikipedia・人魚姫の像より)]

人魚姫 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向が人形姫の像です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*