コペンハーゲン市立博物館

マーカーはコペンハーゲン市立博物館です。

コペンハーゲン市立博物館Museum of Copenhagen)
[コペンハーゲン博物館(デンマーク語:KøbenhavnsBymuseum)は、デンマークコペンハーゲンの公式博物館で、12世紀から現在までの都市の歴史を記録しています。
コペンハーゲン博物館は1901年に設立されました。1925年から、コペンハーゲン市庁舎の屋根裏部屋で常設展示が行われました。コレクションが大きくなると、屋根裏部屋が小さくなりすぎ、1956年に博物館はヴェスターブロ(Vesterbro)のロイヤルコペンハーゲン射撃協会(Royal Copenhagen Shooting Society・Det KongeligeKjøbenhavnskeSkydeselska)の元の建物に移りました。前の射撃場は、Skydebanehavenとしてまだ知られている公園になりました。
1984年、博物館は隣接するアブサロンズゲード(Absalongade)の旧マリアクルーゼ学校(Maria Kruuse School)を引き継ぎました。現在では、博物館のアーカイブだけでなく管理にも使用されています。通りの一部は、歴史的な通りの家具を備えた博物館通りになりました。
2010年、博物館はその名前をコペンハーゲン博物館に変更しました。2018年、博物館はコペンハーゲン中心部のストームゲード(Stormgade)の新しい場所への移転計画を発表しました。コペンハーゲン博物館は、コペンハーゲン市が所有および運営しています。現在、歴史と美術(Historie & Kunst)として知られる文化機関の協会の一部として、トーヴァルセン美術館(Thorvaldsen Museum)とクンストハレン・ニコライ(Kunsthallen Nikolaj)の関連会社で運営されています。
コペンハーゲン博物館・wikipedia-photo]

コペンハーゲン市博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がコペンハーゲン市立博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*