ドン・ルイス1世橋

マーカーはドン・ルイス1世橋です。

ドン・ルイス1世橋
[ドン・ルイス1世橋(Ponte Dom Luis I)はポルトガルポルトにある道路・鉄道併用橋で、ドウロ川に架かっている。ポルトの中心部とヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区を結んでいる。 ギュスターヴ・エッフェルの弟子の一人、テオフィロ・セイリグが設計し、1881年から1886年の間に建設された。エッフェルはポルトにある別の橋、マリア・ピア橋の建設に携わっていた。1886年10月31日、ルイス1世 (ポルトガル王)が出席して開通式を迎えた。ドン・ルイス1世橋は幅8mの2階建て構造になっている。上層の長さは395mで、下層の長さは174mである。現在上層は歩行者とメトロ用に、下層は自動車と歩行者用になっている。メトロは橋を挟んでポルトで最も大きい病院の一つ、サン・ジョアン病院(Hospital de São João)とヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアの役所を結んでいる。同区間のメトロは2005年9月に開業したが、それ以前は上段も道路橋となっていた。橋梁の上段を転用した事によって上段の道路交通が阻害されることとなったため、メトロの建設に先立ってドウロ川上流側に別に道路橋を建設し、上段を通っていた道路交通を迂回移転させる方策を採っている。  (wikipedia・ドン・ルイス1世橋より)]

[ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア(Vila Nova de Gaia)はポルトガル北部の産業都市。ポルト市とはドウロ川を挟んだ対岸に位置する。ポルトガル第3の人口を誇る。 単純にガイア市とも呼ばれる(以下、本項ではガイアと記す)。ドウロ川にかかるドン・ルイス1世橋から見えるポートワインのロッジ(倉庫街)群はガイア市に属する。  (wikipedia・ ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアより)]

ドン・ルイス1世橋 – Google Map 画像リンク」「Miradouro Ponte D Luis Porto – Google Map 画像リンク

ドン・ルイス1世橋上の鳥瞰カメラです。

カメラ初期設定方向がドン・ルイス1世橋です。

ドン・ルイス1世橋下層北詰のカメラです。

カメラ位置はドン・ルイス1世橋上層中央付近です。

カメラ位置はヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区・下層南詰です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*