エスタディオ・ダ・ルス

マーカーはエスタディオ・ダ・ルスです。

エスタディオ・ダ・ルス
[エスタディオ・ダ・ルス(Estadio da Luz, 公式名称をEstadio do Sport Lisboa e Benfica)は、ポルトガルリスボアにあるサッカー専用スタジアム。SLベンフィカのホームスタジアムとなっている。旧エスタディオ・ダ・ルスは、収容人数120,000人の世界最大のスタジアムのひとつであった。1954年、エスタディオ・ド・カンポ・グランデ (Estádio do Campo Grande) の代わりとなるSLベンフィカのホームスタジアムとして建設された。旧スタジアムはベンフィカのホームゲーム会場としてだけではなく、UEFAカップウィナーズカップ1991-92 (1991–92 European Cup Winners’ Cup) 決勝戦の会場や、1991 FIFAワールドユース選手権決勝戦の会場として用いられた。ワールドユース決勝戦 (対戦カード: ポルトガル対ブラジル) では、収容人数を超える127,000人の観客がスタジアムを訪れた。1999年、ポルトガルで開催されることとなったUEFA欧州選手権2004会場のひとつとして旧スタジアムが選ばれたが、後SLベンフィカは、大会の主要会場とする事ができるよう、新スタジアムを立てる事を提案。その結果、旧スタジアムは2002年に取り壊され、収容人数65,647人でる現在のスタジアムが建設された。アメリカ合衆国の企業であるポピュラス所属の建築家、デイモン・ラヴェル (Damon Lavelle) が設計を担当した。屋根の素材にはポリカーボネートが用いられ、可能な限り天然光を用いることができるようにした。屋根は高さが43メートルある4本のアーチ状の梁によって支えられる形となった。2003年より建設が開始され、同年10月に新スタジアムが完成した。杮落としに、ベンフィカとウルグアイのクラブ、ナシオナル・モンテビデオとの親善試合が行われたが、スタジアムは観客で満員となった。UEFA欧州選手権2004では、決勝戦 (UEFA Euro 2004 Final) を含む複数の試合の会場として用いられた。
スタジアム外観・wikipedia-photo、スタジアム入口にはSLベンフィカのエンブレムが飾られている・wikipedia-photo、「エスタディオ・ダ・ルス全景」・wikipedia-photo、「エスタディオ・ダ・ルス (2005年)」・wikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・エスタディオ・ダ・ルスより)]

エスタディオ・ダ・ルス – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がエスタディオ・ダ・ルスです。

エスタディオ・ダ・ルス観客席のストリートビューです。

エスタディオ・ダ・ルス観客席最上段からのカメラです。