リスボン海洋水族館

マーカーはリスボン海洋水族館です。

リスボン海洋水族館
[日本はもちろん世界中で人気の水族館だが、つい先日、ポルトガルの首都リスボンにある「リスボン水族館」に行ってきた。実はここ、ヨーロッパ最大の海洋水族館なのだ。しかもデザインを手がけたのは大阪にある「海遊館」と同じピーター・シャーメイエフ氏。そう聞くと、なんだか妙な親近感もわいてくる。
水族館があるのは、テージョ川沿いに広がる国際公園のなか。1998年に行われたリスボン万博の跡地だ。水族館は今年中(2008年)に入館者1,000万人を超える予定の人気スポットで、入館料は大人11ユーロ(子ども5.5ユーロ)とまずまずお手頃。
一見すると水族館には見えないモダンな佇まいだが、中に入ると大迫力の水槽が迎えてくれる。およそ5,000立方メートル、深さ7メートルの巨大な水槽には100種類もの魚が共存。水槽は建物の中心に配置され、順路はそれをグルリと囲むようにつくられているので、さまざまな角度から水槽を眺められるのも嬉しい。
また館内に200もあるスペースには、大西洋太平洋インド洋南極の海洋動物たち、およそ1万5,000匹が集められている。じっくり見れば半日くらい軽くすぎてしまう規模だ。ラッコペンギンなど定番の動物もかわいらしいが、ユニークなのは食品の展示。海で採れたものを使った世界各国の食品を集めたもので、日本の食品からはダシやお吸い物が並べられている。
水族館の周辺には芝生の広場やケーブルカーショッピングセンターなどもあり、週末ともなれば家族やカップルで賑わう憩いの場だ。そんな地元のムードを堪能しつつ、水族館で癒される休日も、ポルトガルらしくて悪くない。
(古屋江美子)  (「ヨーロッパ最大の「リスボン水族館」に行ってきたよ」より)]

[バスコ・ダ・ガマショッピングモールからは右手の方に歩いて行ったところにあるのがこのオセナリオ(Ocenário)です。水族館ですが,大阪の海遊館のように上から下に降りていく構造になっていて、いくつかの水槽を下からも見ることができます.目玉はラッコでしょうか。ここのラッコは眠くなると海藻を体に巻き付けて寝ます。ラッコの水槽も下から見ることが出来るので面白いですね。オセナリオは単なる水族館ではなく、水産資源や水棲動物の保護を考えさせるような展示を心がけています。万博のテーマを受け継いでいるようです。イルカのショーのような派手なアトラクションはありませんが、ぜひのぞいてみてほしいですね。入場料は12ユーロですが、リスボンカードで10ユーロになります。その他にも、次に紹介するケーブルカーのチケットなどが含まれたコンビチケットもあります。  (「ポルトガル(5) - リスボン - その他の地域 – ドイツ・マールブルク日記」より)]

リスボン水族館 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がリスボン海洋水族館です。

リスボン海洋水族館のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*