マドンナ・デル・ソッコルソ教会

マーカーはマドンナ・デル・ソッコルソ教会です。

マドンナ・デル・ソッコルソ教会
[マドンナ・デル・ソッコルソ教会は、シエナ県モンタルチーノにあるカトリックの礼拝所です。
この建物は、中世のポルタ・アル・コルニオーロ教会の跡地に 1330 年に建てられました。ここには、聖母マリアを描いた古代のパネルが一般の崇拝のために展示されていました。建物は 1478 年から 1480 年にかけて大幅に拡張され、1609 年に完成しました。
街を包囲していたスペイン軍とメディチ軍のリーダーであるガルシア・アルバレス・デ・トレド(Garcia Alvarez de Toledo)の夢の中にイルチネーゼのマドンナが現れ、彼を断念させたと一般に伝えられ、1553 年に現在の教会名が付けられました。
建築家フランチェスコ・パッカニーニ(Francesco Paccagnini)のプロジェクトで 1794 年に着手されたファサードは、1829 年に完成しました。内部には、シエナ出身のステファノ・ヴォルピ(Stefano Volpi)作とされる聖家族のキャンバス、フランチェスコ・ヴァンニ(Francesco Vanni)作の磔刑、ヴィンチェンツォ・タマーニ(Vincenzo Tamagni)作の聖母被昇天 (1527 年) などの作品が飾られたバロック様式の祭壇があります。
教会には、1850 年に建てられたアガティ オーパス 380のパイプ オルガンもあります。
マドンナ デル ソッコルソ教会・wikipedia-photo
ウィキメディア コモンズには、マドンナ デル ソッコルソ教会に関する画像やその他のファイルがあります。  (「https://it.wikipedia.org/wiki/Chiesa_della_Madonna_del_Soccorso_(Montalcino)」より)]

マドンナ・デル・ソッコルソ教会前のカメラです。