マヨール広場

マーカーはマヨール広場です。

マヨール広場(Plaza Mayor)
[市の主要な空間の 1 つはマヨール広場で、旧市街を横切る縦軸の中心に位置しており、旧市街の中枢となっています。わずかに三角形の形をしており、その境界は大聖堂市庁舎ラス ペトラス修道院によって示されています。この広場がキリスト教都市の主要広場となったのは15世紀になってからであり、カルメン広場 (当時はピコタ広場) に代わって市議会の会議が行われていました。
マヨール広場と市庁舎・wikipedia-photo
サンマテオの祭り
毎年 9 月 18 日から 21 日まで祝われ、地域の観光スポットとして宣言されています。これらはカスティーリャ王アルフォンソ 8 世(在位:1158年 – 1214年)によるクエンカの征服を思い出させ、伝統によれば征服以来祝われているとされていますが、この祭りを規定し制定した最初に知られている文書は 1581 年 9 月 19 日のものです。二幕で。1 つ目は、アルフォンソ 8 世の旗を掲げての散歩です。アルフォンソ 8 世は、大聖堂の常居所を離れ、市庁舎で一夜を過ごします。もう 1 つは、マヨール広場の即席の競技場でエンマロマダの未経産牛を走らせるものです。近年、多くの国民が仕事の都合で毎週の時間帯に欠席しているため、全国レベルでこの人気の祭りの祝賀日の変更が議論されている。したがって、この祭典を9月18日以降の週末に実施することが提案されています。
未経産牛。サンマテオのお祭り・wikipedia-photo  (wikipedia・Cuenca (España)より)]

Plaza Mayor – Google Map 画像リンク

マヨール広場北東端のカメラで、カメラ方向左に大聖堂、右にラス ペトラス修道院があり、カメラ南西方向突き当りが市役所です。

マヨール広場南端のカメラで、カメラ北北東方向右に大聖堂、左にラス ペトラス修道院があり、カメラの背後が市役所です。