メディチ要塞

マーカーはメディチ要塞です。

メディチ要塞(イタリア語:Fortezza Medicea (Siena) )
[シエーナのメディチ要塞 ( Forte di Santa Barbara としても知られる) は、1561 年から 1563 年の間にトスカーナ州シエーナに建てられた要塞で、フィレンツェ公爵コジモ 1 世メディチの命令で行われました。要塞は、アルテミオ・フランキ・スタジアム( Stadio Artemio Franchi (Siena) )の隣、サン・プロスペロ( San Prospero )地区に接して建っています。
現在のシエナ・メディチ要塞がある場所には、かつてカール5世 (神聖ローマ皇帝)が築いた要塞(チッタデッラと呼ばれる)があり、1548 年、カール 5 世は、シエーナ共和国を征服し、イタリア中部の帝国の拠点にしようとしました。要塞の位置は、外部の脅威に対応したものではなく、実際には都市を支配する意図で決定されました。その建設にあたってディエゴ・ウルタド・デ・メンドーサ( Diego Hurtado de Mendoza )大使は、市の派閥間の争いを防ぐという名目で、市が誇る多くの古代の高貴な塔に建材を求めるなど、度重なる挑発を行った。
しかし、1552 年 7 月 26 日、シエーナ人はスペイン人に反旗を翻し、まだ完成していない要塞を包囲し、スペイン人を街から追い出し、嫌われていた奴隷制の象徴の解体を開始しました。
その後の戦争中( Guerra di Siena )、シエーナ人は帝国の野営地に面した要塞を再活性化することを余儀なくされ、その結果要塞の大砲により街が攻撃されました。約 3 年後の 1555 年 4 月 21 日、スペイン軍とメディチ軍に 1 年以上包囲されていたシエーナは、疲れ果てて敵に降伏しました。フランス(ヴァロワ朝)の同盟国に支援されたシエーナ共和国は、その間もモンタルチーノに籠城し、苦い結末への抵抗を続けました。フランスとハプスブルク家の間のカトー・カンブレジ条約(1559 年 4 月 2 日 – 3 日) により、同盟国を失ったシエーナ共和国は最終的な降伏に至りました。 その後、シエーナの州は、メディチ家がスペインに貸していた膨大な債権と引き換えに、メディチ家に割り当てられました。
シエーナによるさらなる反乱の試みを抑圧するために、コジモ 1 世は、スペインの城塞がかつて立っていたのと同じ場所に、現在のメディチ要塞の再建を命じました。建物はウルビーノの建築家バルダッサーレ ランチ( Baldassarre Lanci )によって設計され、1561 年に工事が始まりました。2 年後の 1563 年に要塞が完成しました。
シエーナのメディチ要塞は、18 世紀末にトスカーナ大公レオポルド1世(後のレオポルト2世 (神聖ローマ皇帝))によって非武装化されました。その瞬間から、軍事演習が行われたリザの前の広場は庭園に変わり、シエーナの公共生活の場の一部となりました。
1937 年には修復工事が行われ、それまで兵舎として使用されていた要塞の内部も、現在のように公共の庭園に生まれ変わりました。
西向きの砦(マドンナと呼ばれる)・wikipedia-photo、フランチェスコ・カミリアーニ( Francesco Camilliani )作、サン・フランチェスコの砦にあるコジモ1世の紋章・wikipedia-photo、現代の円形劇場から見たパレードグラウンド・wikipedia-photo、東城壁と北城壁の間のテラスの 1 つ・wikipedia-photo、要塞の壁に沿った通路・wikipedia-photo
ウィキメディア コモンズには、メディチ要塞に関連する画像やその他のファイルがあります。]

メディチ要塞 – Google Map 画像リンク

西向きの砦(マドンナと呼ばれる)

北向きの砦・フランチェスコ・カミリアーニ作、サン・フランチェスコの砦にあるコジモ1世の紋章