モンサントの城

マーカーはモンサントの城です。

モンサントの城
[モンサントの花崗岩の頂上、ポンスル川(Rio Pônsul)の右岸にあるこの中世の国境の城は、装飾が施された邸宅や寺院が目立つ建築複合体である歴史村を取り囲んでいます。モンサントの城と城壁は、1948 年 9 月 29 日に公布された法令により国定記念物(Classificação do património em Portugal)に分類されています。
この場所の初期の占領についてはほとんど知られていない。 伝説には先史時代のカストロ(Castro)にまで遡るとされていますが、後にローマによるイベリア半島の征服(Conquista romana da Península Ibérica)されましたが、丘のふもとにあるサン・ロウレンソ(São Lourenço)の別荘以外には、中世以前の占領を裏付ける遺跡はありません。
イベリア半島のキリスト教徒によるレコンキスタの際、ポルトガル王アフォンソ 1 世(在位:1139年 – 1185年)がこの地域を引き継ぎ、レオン王国ムワッヒド朝カリフとの国境が確立されました。それを守るために、イダーニャ=ア=ノーヴァ(Idanha-a-Nova)とモンサントの領土はテンプル騎士団に寄贈され、再入植と防衛の責任を負った。しかし、その寄贈は長くは続かず、1172年に国王がこれらの領地と城をサンティアゴ騎士団に寄贈しました。この城は村と同一視され、1174年に国王が発行した憲章の中で再び言及されている。この証書は、1217 年にアフォンソ 1 世の息子で後継者のサンシュ 1 世(在位:1185年 – 1211年)と、アフォンソ 2 世(在位:1211年 – 1223年)によって確認されました。
マヌエル 1 世(在位:1495年 – 1521年)の治世下、城と町の防御はドゥアルテ・デ・アルマス(Duarte de Armas・要塞の書、1509 年頃) によって描かれており、城壁は 5 つの塔で補強されています。
ドゥアルテ・デ・アルマスによって描画された建造物はほとんど残っていません。中央広場の中心から外れたところに、地元ではアタライアの塔(Torre da Atalaia)またはピアンの塔(Torre do Pião)として知られる天守閣(Torre de menagem)がそびえ立っています。
この囲いの中には、貯水槽、胸壁へのアクセス階段、17 世紀末に建てられ 20 世紀に再建されたサンタ・マリア・ド・カステロ (モンサント) 礼拝堂(Capela de Santa Maria do Castelo)もあります。外側には、2 つの防御擁壁 ( 17 世紀に近代化されました)が立ち上がります。
トッレ・ド・レロジオ (トッレ・デ・ルカーノ)(Torre do Relógio (Torre de Lucano))は四角い鐘楼として際立っており、1938 年にモンサントがポルトガルで最もポルトガルらしい村に分類されたときに授与されたガロ・デ・プラタ・トロフィー(Galo de Prata troféu)のレプリカが置かれています。
「モンサント村にあるモンサント城の写真。具体的には北側の壁です。村から城に上がるとこんな感じ。」・wikipedia-photo、城への連絡通路からの眺め・wikipedia-photo、敷地内から中庭へ出る入り口・wikipedia-photo、モンサント城内部からの眺め・wikipedia-photo、城壁とサンタ マリア ド カステロ礼拝堂のある城の中庭の眺め・wikipedia-photo、サンタ・マリア・ド・カステロ礼拝堂の眺め・wikipedia-photo、サンタ マリア ド カステロ礼拝堂・wikipedia-photo  (wikipedia・pt.Castelo de Monsantoより)]

Castle of Monsanto(Castelo de Monsanto) – Google Map 画像リンク」「Cisterna – Google Map 画像リンク」「Geodetic Mark of Monsanto(Marco Geodésico de Monsanto) – Google Map 画像リンク

モンサントの城門前のカメラです。

モンサントの城門内のカメラです。

モンサントの城門上のカメラです。

モンサントの城内・サンタ マリア ド カステロ礼拝堂前のカメラで、左アーチ側が城門方向で、カメラ南東方向の塔左に裏門(PoternaPorta Falsa ou da Traição e Torre perimetral)が見えます。そこの右方向岩の左に水槽(cisterna)があります。

モンサントの城南西端のカメラです。

裏門側のカメラです。