モンタルチーノ大聖堂

マーカーはモンタルチーノ大聖堂です。

モンタルチーノ大聖堂
[モンタルチーノ大聖堂は、イタリアシエーナ県モンタルチーノにあるローマカトリック大聖堂です。以前はモンタルチーノの司教の座でしたが、1986年以来、シエナ-コルディヴァルデルサ-モンタルチーノの大司教区(Arcidiocesi di Siena-Colle di Val d’Elsa-Montalcino)の共同大聖堂となっています。イタリアの国定記念物(Monumenti nazionali (Italia))です。
最も聖なる救世主に捧げられたモンタルチーノの最初の礼拝所は、11 世紀にさかのぼる同名のロマネスク様式の教区教会でした。 モンタルチーノ教区が 1462 年 8 月 13 日に教皇ピウス 2 世(在位:1458年 – 1464年)の要請で設立されたとき、それはモンタルチーノ教区の大聖堂に昇格しました。
古代の教会は 1817 年に取り壊され、シエーナの建築家アゴスティーノ・ファンタスティチ(Agostino Fantastici)の設計に基づいて新古典主義様式で完全に再建されました。1834 年 4 月 24 日、現在の形の新しい大聖堂が礼拝のために開かれ、司教ジョヴァンニ・ビンディ・セルガルディ(Giovanni Bindi Sergardi.)によって厳粛に奉献されました。
教会は、1934 年にアルフレッド・デル・トンバ司教(Alfredo del Tomba nel)の要請で修復されました。 1986 年、モンタルチーノ教区の廃止により、シエナ-コルディヴァルデルサ-モンタルチーノ大司教区の共同大聖堂となりました。
モンタルチーノ大聖堂は、同じ名前の広場を見下ろす、モンタルチーノの町の最も古い核に位置しています。
外観は、ティンパヌムのない高いポルチコが先行するファサードが特徴です。 高い大理石のコーニスの中央には、大理石の柱頭を持つ 6 つのレンガのイオニア式柱で支えられており、次のラテン語の碑文があります。
(LA)
«NON EST IN ALIO ALIQUO SALUS»
(IT)
«In nessun altro c’è salvezza»
ポルチコの下には、教会への 3 つのアクセス ポータルがあり、中央のポータルは側面のポータルよりも幅が広くなっています。 さらに、単純な三角形のティンパヌムで終わる正面の上部には、キリストの祝福を描いた多色ガラスで閉じられた19世紀後半のルネット窓があります。
ファサードの左側、建物から少し離れたところに鐘楼がそびえ立ち、現在の建物よりも先に存在し、古代ロマネスク様式の大聖堂の隣に建てられた 18 世紀にさかのぼります。
大聖堂の内部は完全に新古典主義様式です。 二重の袖廊の存在が特徴です。最初の東側の袖廊は、カウンターファサードの壁の近くに配置され、3 つのポータルがその上に開いています。 一方、2番目は、後陣とホールの間の通常の位置にあります。
東袖廊の 2 つの端の壁にはそれぞれ祭壇があります。右側の 1 つは無原罪の御宿りに捧げられ、フランチェスコ・ヴァンニ(Francesco Vanni)の無原罪の御宿りとイエスと父なる神 (署名と日付は 1588 年) の祭壇画が収めら、左側上にも1680 年代に遡るヴァンニ作『砂漠の洗礼者ヨハネ』あります。
ホールは、それぞれ 4 つの柱を持つ 2 つの高いイオニア式列柱によって 3 つの身廊に分割されています。 さらに、メイン身廊の端の 2 つのニッチ(壁龕)内には、1842 年にアントニオ・ロッシ(Antonio Rossi)によって作られた大天使サン・ミケーレ(Michele_(arcangelo)・左の壁) と伝道者サン・ジョヴァンニ(Giovanni (evangelista)・右の壁) の石膏像があります。
各側郎の中央には、多角形の平面を持つチャペルがあり、その中央にはスタッコの祭壇があり、その中央には献身的な聖人の像があります。 左の礼拝堂は聖ヨセフに捧げられ、右の礼拝堂は聖母マリアに捧げられています。
左側郎の始まりで、アーチが洗礼堂に通じています。その内部には、中央に 1933 年にエジェスト・ベッリーニ(Egesto Bellini)によって作られた大きなトラバーチンの洗礼盤があり、左側の壁には古代の中央ポータルにあった香炉を持つ 2 人の天使の間のマンドルラにキリストを描いた (11 世紀)、ロマネスク様式のルネットの断片がいくつかあります。
聖具室からアクセスできる参政権の礼拝堂の祭壇には、16世紀最後の四半世紀のシエナ派ドメニコ・ベッカフーミに由来する絵があり、大天使ミカエルが反逆者の天使を楽園から追い払う様子が描かれています。
大理石の手すりによって前面が閉じられた内陣は、西の袖廊の十字架の下で連結されています。中央には記念碑的な高祭壇があります。
ファサードと鐘楼・wikipedia-photo、外観図・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo、トランセプト、内陣、後陣・wikipedia-photo、主祭壇・wikipedia-photo、フランチェスコ・ヴァンニ作「イエスと父なる神との無原罪の御宿り」(1588年)・wikipedia-photo、洗礼堂・wikipedia-photo、サン・ジュゼッペ礼拝堂・wikipedia-photo、聖母礼拝堂・wikipedia-photo、パイプオルガン・wikipedia-photo  (「https://it.wikipedia.org/wiki/Duomo_di_Montalcino」より)]

モンタルチーノのドゥオーモ – Google Map 画像リンク

モンタルチーノ大聖堂ファサードのカメラです。

モンタルチーノ大聖堂拝廊のカメラで、左袖廊にヴァンニ作『砂漠の洗礼者ヨハネ』、右袖廊にフランチェスコ・ヴァンニ(Francesco Vanni)の無原罪の御宿りとイエスと父なる神 (署名と日付は 1588 年) の祭壇画があります。

モンタルチーノ大聖堂身廊のカメラで、左側にサン・ジュゼッペ礼拝堂、右側に聖母礼拝堂があります。

モンタルチーノ大聖堂高祭壇前のカメラです。

洗礼堂内のカメラです。