モンテプルチャーノ市立博物館

マーカーはモンテプルチャーノ市立博物館です。

モンテプルチャーノ市立博物館
[モンテプルチャーノ市立博物館は、1957 年以来、モンテプルチャーノの 14 世紀のネリ・オルセリ宮殿(Palazzo Neri Orselli)に収容されています。
アート ギャラリーは、1861 年にサンタ・マリア・アスンタ(聖母被昇天)大聖堂の司祭フランチェスコ・クロチャーニ(Francesco Crociani)による 188 点の絵画の遺贈に由来し、主に 17 世紀と 18 世紀のフィレンツェボローニャの作品、およびオランダの画家による絵画が含まれています。
博物館に展示されている最も重要な作品には次のものがあります。
●マルガリトーネ・ダレッツォ(Margaritone d’Arezzo)作「のパネルに描かれた聖フランチェスコ」・wikipedia-photo
●聖母子と二人の天使・wikipedia-photo
シエーナのヤコポ・ディ・ミノ・デル・ペリッチャイオ(Jacopo di Mino del Pellicciaio)に起因する「聖母戴冠式」・wikipedia-photo
●シエーナの画家ベンヴェヌート・ディ・ジョヴァンニ(Benvenuto di Giovanni)に起因するパネルの「キリスト降誕」・wikipedia-photo
フィリッピーノ・リッピの祭壇画に由来する「磔刑」・wikipedia-photo
アレッツォの画家ジョヴァンニ・アントニオ・ラッポリ(Giovanni Antonio Lappoli)による「無原罪懐胎と聖人の寓意を描いた祭壇画」・wikipedia-photo
ソドマとして知られるアントニオ・バッツィの作品である「サン・ジョヴァンニーノとの聖家族」・wikipedia-photo
●祝福されたカテリーナ・デリッチの肖像画、ジョヴァンニ・バッティスタ・ナルディーニ(Giovanni Battista Naldini)作・wikipedia-photo
●オランダの画家アブラハム・ブルーマールトによる「猫と遊ぶ若者のキャンバス」・wikipedia-photo
●最近カラヴァッジオ作とされた男性の肖像画・wikipedia-photo  (「https://it.wikipedia.org/wiki/Museo_civico_di_Montepulciano」より)]

Museo Civico Pinacoteca Crociani – Google Map 画像リンク

モンテプルチャーノ市立博物館入り口前のカメラです。