ルカーノ搭(時計塔)

マーカーはルカーノ搭(時計塔)です。

ソラール・ドス・ピニェイロス
[モンサントを「ポルトガルで最もポルトガル人の村」にしたシンボルが設置された古代の鐘楼。モンサントスにとって、これは強い象徴性を持っています。この建造物の頂上には、1938 年に国家情報局のコンペで入手したガロ・デ・プラタ(Galo de Prata)のレプリカが置かれています。  (「Torre do Lucano ou do Relógio」より)]

[1420 年に建てられ、17 世紀に拡張された中世の鐘楼。3 階建ての長方形の平面で、モンサントの防御システムの一部でした。1938 年、モンサントがポルトガルで最もポルトガルらしい村に認定されたことを記念して、風見鶏がここに設置されました。  (「Torre de Lucano ou do Relógio – Idanha-a-Nova」より)]

Torre de Lucano – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がルカーノ搭(時計塔)で、搭上に風見鶏が設置されています。

ルカーノ搭(時計塔)正面のカメラです。