サン・ソーブル教会

マーカーはサン・ソーブル教会です。

サン・ソーブル教会(Basilique Saint-Sauveur de Rennes)
[1720年完成。「サン・ソーブル教会」・wikipedia-photo  (wikipedia・レンヌより)]

[レンヌの聖救世主大聖堂は、フランスのレンヌの歴史的な市内中心部に位置する、奇跡と美徳の聖母として知られるローマカトリック教会の小聖堂です。サン・ソーブルの名前で設立されたその発祥は、12世紀以前のものです。18世紀の初めから第二次世界大戦までの約300年間、拡大と再建を繰り返し、2002年から再び教区教会となりました。14世紀から18世紀に奇跡と言われたいくつかの出来事の後、聖母の崇拝はそこで強く発展し、1916年に大聖堂として建てられました。古典的なスタイルのこの建物は、主祭壇の天蓋、錬鉄の説教壇、オルガン、信者によって寄贈奉納された多くの家具が特に際立っています。
現在の教会は教会の起源とする教会の上に、18世紀の初めに建てらました。レンヌのサンソヴール礼拝堂に言及した最初の記録は、12世紀のものです。その後、トゥーサン(Église Toussaints de Rennes)教区に付属します。 レンヌ支部は、1230年1月にサンジョルジュ修道院(Abbaye Saint-Georges)の大修道院長マコー・ド・コルコップ(Mathée de Corcop)に寄付しました。教会は次の世紀に都市のリズムに合わせて発展し、複数の家具の改良といくつかの拡張と修理作業が行われました:ランタンの建設、新しい祭壇の設置、栄光のビームの設置 十字架と聖人の2つの画像、延長を支える柱の建設等。
人口の増加に伴い、サン・ソーブルが休眠状態にあるトゥーサンの教区を分割する必要性が感じられました。1632年に行われた教区民の要請に応じて、レンヌ司教シャルル・フランソワ・ド・ラ・ヴィーヴィル(Charles-François de La Vieuville)は1667年に教区教会としてサン・ソーブル教会を設立ました。この決定は、トゥーサンの学長の反対にもかかわらず、1667年10月7日の判決によってブルターニュ議会(Parlement de Bretagne)によって確認されました。兄弟団(Confrérie)は1670年に奇跡と美徳の聖母マリアの聖心(Notre-Dame des Miracles et Vertus et du Saint-Cœur de Marie)に敬意を表して聖ヨハネ・オイデス(Jean Eudes)の主導で設立されました。
1682年3月7日、建物の西側の破風が崩壊し、教会は礼拝にふさわしくないものになりました。祝福された秘跡が聖ヤコブ礼拝堂に運ばれる数ヶ月後、部分的に破壊された教会で礼拝が再開されます。教区の信者は教会の再建を望んでいます。資金を調達し、隣接する区画を購入するには19年かかります。再建サイトの立ち上げを目的とした最初の審議は、1701年7月12日に行われました。最初の石は、2年後の1703年7月24日に、ブルターニュの管理者ルイ・ベシャメイユ・ド・ノインテル(Louis Béchameil de Nointel)侯爵によって敷設されました。1710年、庭の造成資金36,000ポンドを集めるために王室宝くじが組織されました。
計画は、隣接するサンピエール大聖堂の塔を担当した、建築家のフランソワ・ユゲ(François Huguet)によって作成さました。教区の信者の願いによって、礼拝は建築作業によって中断されませんでした。建築家は、古い教会とは異なり、新しい教会を東から西に向けることにしました。この新しい方向づけにより、1720年まで現在のクリソン通り(Rue de Clisson)があった場所にあるコフエ大広場(市場が開催されたこの場所-ブルターニュからのフランス語でのクラッシュ-1720年まで現在のクリソン通りとサンソヴール広場(Place Saint-Sauveur)の場所が占められていました)の下部にファサードが開きます。作業はクワイヤから始まります。終了すると、祝福された秘跡がそこに運ばれ、古い教会は最終的に取り壊されます。ここからは、12世紀に建てられた立像の片側に刻まれた柱頭のみが残り、ブルターニュ美術館に保管されています。
新しい教会は1719年8月5日にクワイヤ(同じ年の初めに祝福された)と窓が完成したときに奉献されました。1720年のレンヌの火災により、家具と崩壊した古い屋根が破壊されましたが、再建現場は中断されませんでした。教会の主要な構造は1728年に完成しました。フランソワ・ユゲは1730年に亡くなりましたが、 何人かの建築家が彼を引き継いで建物を完成させました。フランソワ・フォレスティエ・ド・ヴィルヌーヴ(François Forestier de Villeneuve)は計画に重要な修正を加えました:コフエ大通りの破壊、クリソン通りとサンソヴール通りに置き換わり、ゲスリン通り(Rue du Guesclin)への軸方向の変換、教会は彼にファサードを描き直させ、この新しい視点に変更しました。また、ポータルとそのドアパネルの計画も作成しました。コスト削減策としては、最終結果はフランソワ・ユゲのプロジェクトほど野心的ではありません。作品の終わりを象徴する主要な祭壇は、1768年に奉献されました。

サン・ソーブル教会平面図(左端が内陣で、右入口から二径間の上部サイトが奇跡と美徳の聖母礼拝堂になります。)

ゲシュラン通りから見た教会のファサード・wikipedia-photo、正面と隣接する塔・wikipedia-photo、身廊と合唱団・wikipedia-photo、説教壇・wikipedia-photo、奇跡と美徳の聖母礼拝堂・wikipedia-photo、ギャラリーの記念碑的なオルガン・wikipedia-photo]

Basilique Saint-Sauveur de Rennes – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がサン・ソーブル教会です。

サン・ソーブル教会袖廊のカメラです。

奇跡と美徳の聖母礼拝堂前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*