リス広場と朝市

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    リス広場と朝市
    [中世の時代に騎馬試合や祭りが行われた場所で、今では北側に17世紀に高等法院の法服貴族たちのために建てられた木組みと石作りの邸宅が並びます。1869年にマルトノが設計したバルタール様式の2つの鉄骨のホールがあり、毎週土曜日に、フランス第2の規模の食料品市場が開かれます。  (「レンヌでRendez-vous | フランス観光 公式サイト – フランス観光開発機構」より)]

    リス広場(フランス語:Place des Lices)、リス市場(フランス語:Marché des Lices)
    [市の中心部の北西に位置し、サンルイ通り(Rue Saint-Louis)、ジュイエ通り(Rue de Juillet)、モネ通り(Rue Monnaie)、ラリエデュバティ通り(Rue Rallier-du-Baty)、イノセント通り(Rue Innocents)、トリニテ広場(Places de la Trinité)、サンミシェル広場( Place Saint-Michel)があります。
    数多くの記念碑に隣接し、野営地、商業、公演、お祝いの場所として何世紀にもわたって利用され、現在は土曜日の朝にライセス市場(Marché des Lices)が開設されています。
    広場にはいくつかの部分があります。
    ●東の上の広場は、より狭く、建物とカフェのテラスが並んでいます。
    ●北の私邸に隣接する広場は、西に向かって緩やかに傾斜しています。
    ●部分的に占有された広場-南へ-階段によって上部の広場から分離されたホールになっています。 この広場の東部には地下駐車場があります。
    広場は、建物と大邸宅の配置がある北に接しています。この配置は、イノセント通り(1 Place des Licesの上部にあった絞首台にちなんで名付けられた)とミニム通り(Rue des Minimes)を東から西へと突き抜けます。
    南にある広場は、レンヌの古代の壁(Remparts de Rennes)の場所にある建物にも隣接しています。壁に沿ったスペースは、トリニティ(三位一体)の修道女が所有する庭園で占められていたため、このスペースを明確に保つことができました。東から西に向かって、オテル・デモネ(Hôtel des Monnaies)の古い建物、トリニテ広場、2番目のグループの建物があります。
    トリニティの修道女たちはサンモランの塔を占領し、城壁を突き破って、現在のリス広場の南に公共の庭を建てました。1825年に城壁とサンモランの塔が取り壊され、トリニティ(三位一体)にちなんで命名された、トリニティ広場ができたため、リス広場は南方向に開かれました。リス広場の西側の境界を示す現在のジュイエ通りは、19世紀に建設されました。
    東に、広場はサンミッシェル広場(Place Saint-Michel)に伸びています。 西には、北から南へ、ジュイル通り(Rue de Juillet )が北へ、バス・デ・リース広場(Place du Bas des Lices)があり、ブールレヴェック(Bourg-l’Évêque・Google Map)に向かって開いています。 Rue des Portes Mordelaisesは塔と門(Google Map)です。
    歴史
    最初に記録された場所の痕跡は、1455年の家屋と庭で占められている文書です。その後、サン・ルイ通りが造成されされ、家屋と庭を取り囲みました。
    広場は城壁外のフィールドで、1502年に2つの入り口門が取り付けられ、アンシアン・レジームのもとでの馬上槍試合と死刑執行が行われた場所で、木材が取引され、市場が1483年に広場の西側で開かれていました。
    16世紀に正義の広場が設立され犯罪者の処刑と略奪品の展示に使用されました。正義の柱は18世紀の計画に示されているように、リス広場の最上部にある時計の場所にあり、イノセント通り(Rue Innocents)に面していました。有罪判決を受けた者は、19世紀半ばまで、一般的に土曜日の市場の日に、そこにさらされていました。処刑された人の遺体は、住民に見せしめのためにに数日間そこにさらされました、処刑された者全員が罪を犯したわけではありません、フランス革命期の恐ろしさが伝わります。
    1542年と1545年にフランス王フランソワ1世(在位:1515年 – 1547年)によって雇わられた傭兵部隊の駐留中となり、広場は混雑を避けるために装備され、町の防衛は強化されました。現在のトリニテ広場の北部にあったサンモランの塔(地図左上城壁1)は、1591年に再建されました。
    1595年、広場に貯水槽が掘られ、リス広場とバス広場と明確に分離されました。リス広場は1614年に新しく舗装されました。
    リース市場の設立は、ペストの流行間の1622年に開設されました。その後、この場所は商業的な職業を失うことはありません。
    貯水槽は1659年に埋められ、広場はジャン・ボサール・デュクロ(Jean Bossart du Clos)の主導で1663年に整地されました。
    1705年に養鶏市場が設立され、養鶏農家向けのホールが建設されました。 このホールは、1720年の火事で焼失してしまいますが、生産者と農民の市場の拡大により、自治体は1733年に新しいホールを建設するようになります。
    1720年のレンヌの火災後、「一時的な」兵舎が広場の南側、低い壁に沿って、現在はホールで占められている広場の南側に建設されました。当時、この広場は軍事演習にも使用されていたり、サンジョルジュ修道院(Abbaye Saint-Georges de Rennes)で中旬のミ・カレム(Mi-Carême)フェアが開催されていました。
    1828年のレンヌ火災後の市町村の決定によるホール再建の最後のプロジェクトが実行されます。1861年に計画され、1868年から1871年にかけてレンヌ市の建築主任であるジャン・バプティスト・マルテノ(Jean-Baptiste Martenot)の指揮の下に建てられました。これら2つのパビリオンは「ハレ・マルテノット(Halle Martenot)」という名前で知られています。その後、市場は大きな市場では毎日開催され、土曜日には見本市会場が追加されます。
    市場の成長に伴い、1907年にエマニュエル・ル・レイ(Emmanuel Le Ray)によって3番目の小さなホールが市場の園芸農家と衛生検査のために現在の「魚屋(Aux poissonniers)」の場所に建設されました。
    1913年、このル・レイ・パビリオンは、市場を犠牲にして大規模な公民館を構成するために、最も近い「ハレ・マルテノット(Halle Martenot)-1」に接続されました。
    1950年から1965年の間、ホールは公共のイベント(商工会議所の2週間のイベント、第一回トランス・ミュージカル・ミーティング(Rencontres trans musicales)、さまざまな展示会)を実施するためにのみ使用されました。
    スーパーマーケットが活況を呈した1965年に土曜日の朝市が再開されました。同時に、ダウンタウンの駐車の問題は、ル・レイ・パビリオンの保存について活発な議論を引き起こします。1977年の地方選挙では、アンリ・フレヴィル(Henri Fréville)がエドモンド・エルヴェ(Edmond Hervé)に反対し、この質問が議論に加わりました。エドモンド・エルヴェの選出により、市場とリス広場が現在の構成になります。ル・レイ・パビリオンは1987年に解体され、1989年にその場所に地下駐車場が建設されました。
    レンヌの城壁図(この1663年の計画では、Place des Licesは左上Aの城壁上の数字4がリス広場で、その左下3がRue des Portes Mordelaisesの塔と門です。

    (地図拡大図へリンク)
    「西方向の広場の眺め。 左側には、ハレス・マルテノット(Halles Martenot)の1つ。 右側には、広場に隣接する大邸宅の配置。」・wikipedia-photo、「リース広場の一部のパノラマビュー。 左側、広場の上部(東側)、そこに通じる階段。 中央には「魚屋(Aux poissonniers)」と呼ばれる場所があり、その下に駐車場があり、背景には城壁の敷地に建てられたオテル・デモネ(Hôtel des Monnaies)の古い建物があります。 右側にはハレス・マルテノットがあります。」・wikipedia-photo、「2つのハレス・マルテノットは広場を象徴しています。」・wikipedia-photo、1892年頃の広場とその市場・wikipedia-photo、17世紀にさかのぼるリス広場の大邸宅に沿った市場の設立・wikipedia-photo、市場はその北部がタウンハウスに隣接しています・wikipedia-photo、1892年頃の市場・wikipedia-photo、市場の雰囲気・wikipedia-photo、ミートホールの内部(マルテノット西ホール)・wikipedia-photo、生産者ホールの内部(マルテノット東ホール)・wikipedia-photo、午前7時30分に入荷・wikipedia-photowikipedia-photo]

    Halles Martenot – Google Map 画像リンク

    カメラ初期設定方向が正義の柱跡に建つ時計塔です。

    カメラ南西方向がリス広場で、広場中央に2つの鉄骨のホールが、カメラ西北西方向に木組みと石作りの邸宅があります。

    カメラ位置はリス広場「魚屋(Aux poissonniers)」です。

    カメラ初期設定方向左がハレス・マルテノット-1右がハレス・マルテノット-2です。

    「aux poissonniers」地下駐車駐車場への入り口と城壁の敷地に建てられたオテル・デモネ(Hôtel des Monnaies)の外壁

    (Google Map 画像)