レンヌ中央市場

マーカーはレンヌ中央市場です。

レンヌ中央市場
[レンヌの鳥料理 Poule Coucou de Rennes、メロン、レネットりんご、シードル、塩バター、ソーセージのガレットなど。これらの特産品は、リース市場(土曜日の朝)や中央市場で毎日取引されており、ブルターニュ料理に欠かせない食材である。
ボルディエ・バター Le beurre de Maître‐Bordier
地元の料理人だけでなく、アラン・パッサール Alain Passard やギイ・サヴォイ Guy Savoy など、名シェフも御用達のバター。中央市場で購入可能。今では国外 10か国に輸出されている。  (「レンヌ RENNES」より)]

[今朝は、レンヌの中央市場にあるBeillevaireというチーズ屋さんで買い物をしました。
この店はロワールの南に本店があって、パリにも数軒店舗があります。
今回は、コンテチーズcomtéは前に買ったものがあったので、コパンの好きな山羊のチーズを探していたら、finistèreブルターニュの最西端の県)で作られたmenez homというチーズを勧められたので選んでみました。
それから羊のginestariéというミディ=ピレネーmidi-pyrénéesの白い半硬質タイプのチーズも選びました。
羊のチーズは、牛の濃厚さと山羊のさっぱり感の丁度中間にあたる良さがあるので、ハードなものもクリーミーなものもどちらもとても美味しいと思います。
ついでにこの店のバターも試してみましたが、香りが高くて味わいも深い、なかなか美味しいバターだと思いました。  (「美味しいチーズを食べるには : ブルターニュの生活」より)]

The Market Dining Room # 3, Street Food – Google Map 画像リンク」「Chez Nono – Google Map 画像リンク」「Augustin – Halles – Google Map 画像リンク」「L’Epi De Blé – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がレンヌ中央市場です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*