レンヌ美術館

マーカーはレンヌ美術館です。

レンヌ美術館(フランス語:Musée des beaux-arts de Rennes)
[レンヌ美術館(Musée des beaux-arts de Rennes)は、フランスレンヌにある美術館である。
他の多くの美術館と同じく、レンヌ美術館もフランス革命中(1794年)に創設された。当初はレンヌ市内の教会や公共施設にあった芸術品を展示していた。その後リヴォワ侯のコレクションの寄付等によって規模を大きくしていった。同じ建物の中には、ブルターニュの伝統的な家具や衣装を展示したブルターニュ博物館がある。
14世紀から現代にいたる絵画を1000点以上有している。 ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの『聖誕図』があることで有名だが、パブロ・ピカソジャン=バティスト・カミーユ・コローウジェーヌ・ブーダン等も所蔵している。
レンヌ美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・レンヌ美術館より)]

[ヴァンサン・ブーレが1849年に設計したかつての大学館の中にあり、ルーベンスヴェロネーゼシャルダンド・ラ・トゥール、ピカソなどの巨匠の作品を展示しています。火曜日はノンストップで10時から18時、月曜日と祝日をのぞくその他の日は10時から12時と14時から18時の開館。  (「レンヌでRendez-vous | フランス観光 公式サイト – フランス観光開発機構」より)]

レンヌ美術館ホームページ」 – 「館内図
レンヌ美術館 0 階平面図

レンヌ美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がレンヌ美術館です。