ロッカ マッジョーレ

マーカーはロッカ マッジョーレです。

ロッカ マッジョーレ(イタリア語:Rocca Maggiore、英語:Rocca Maggiore)
[ロッカマッジョーレは、アッシジにある 2 つの城のうち最大の城です。1367 年にアルボルノス( Albornoz )枢機卿によって建設され、彼は既存のフェデリコ バルバロッサ( Federico Barbarossa ・フリードリヒ1世 (神聖ローマ皇帝))の皇居を建設の基礎として使用しました。かなりの登りですが、粘り強く登れば、アッシジ自体と周囲のウンブリアの風景の息を呑むようなパノラマが見られます。
12 世紀には、今日マッジョーレ城塞が位置する場所に建造物が建っていました。この建造物は、古代エトルリアの遺跡の上に建てられました。
14 世紀後半、アルボルノス枢機卿は要塞を再建させましたが、元の計画はそのまま残されました。
当時、教会にはいたるところに城や望楼が建てられていました。その目的は、強力な印象を伝え、攻撃者を怖がらせることでした。
その後、天守閣は補強されました。北側にも十二角塔が建てられました。
この地域が安全だとみなされると、城は不要なものとみなされるようになり、徐々に荒廃していきました。
城塞は台形の形をしています。十二角塔は後になって建てられたものです。最近修復され、主に展示会に使用されています。
イタリアの小さな町では、丘の頂上にある城や要塞をロッカ(実際には「岩」)と呼ぶことがよくあります。
かつてはマッジョーレ城塞から中心部の南西側にあるミノーレ城塞まで、城壁を通って歩くことができました。  (「ロッカ マッジョーレ アッシジ」より)]

Rocca Maggiore – Google Map 画像リンク

マッジョーレ城塞のカメラです。

マッジョーレ城塞の入り口のカメラです。

マッジョーレ城塞内のカメラです。

監視塔内のカメラです。