マリー=アントワネットの離宮(小トリアノン)

マーカーは小トリアノンです。

マリー=アントワネットの離宮(小トリアノン)
[小トリアノンから村里を通って王妃の庭園にいたるまで、2006年に一般に公開された領地は、マリー=アントワネットの私的な生活を明らかにします。ルイ16世(在位:1774年 – 1792年)の王妃は、ヴェルサイユの喧騒から遠く離れたこの田園に、簡素な生活の喜びを見出していました。
小トリアノンとその庭園はマリー=アントワネットの想い出とは切っても切り離せないものです。マリー=アントワネットはヴェルサイユ宮殿に個人の趣味を持ち込んだ唯一の王妃です。古い宮廷としきたりをあざ笑い、自分の流儀にかなった生き方を押し通しました。1774年にルイ16世から贈られたトリアノンはマリー=アントワネットにとっては宮廷の礼儀作法から逃れる親密な隠れ家だったのです。招待されていない人は、誰もこの場所に足を踏み入れることはできませんでした。
2008年に修復工事が完了してからは、小トリアノンを中心としたこの離宮は、衆人から護られた親密な憩いの場所としての特徴を取り戻しました。この離宮は、マリー=アントワネットの多様性と洗練さを具現したものであり、啓蒙主義の理論に触発された自由思想に基づく生活芸術の心髄を見ることができます。
2007年以降、マリー=アントワネットの離宮には、スイス人の家からの入り口を通って行くようになりました。このスイス人の家、つまり、門番の家では、小トリアノンの鍵を預かっていただけでなく、王妃の留守中の人の出入りも管理していました。  (「マリー=アントワネットの離宮 – ヴェルサイユ宮殿」より)]

小トリアノン宮殿 – Google Map 画像リンク」、「Petit Théâtre de la Reine – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が小トリアノンです。

カメラ位置は小トリアノン庭園で、カメラ東北東方向が小トリアノンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*