王の門

マーカーは王の門です。

ヴェルサイユ宮殿2階見取り図

王の門
[それまでルイ14世騎馬像のあった場所には、かつて建築家ジュール・アールドワン・マンサールの監督下で1680年頃に建築された《王の門》が再現され、2年間の工事を終え黄金に輝いています。
この門は長さ80メートルで、15トンもの鉄、10万枚もの金箔が使用され、その修復費用は500万ユーロに達し、北側の哨舎の上にはジャン=バティスト・チュビイ(Jean-Baptiste Tuby)作の《豊穣の女神》、南側哨舎上には、アントワーヌ・コワズヴォ(Antoine Coysevox)作の《平和の女神》が置かれています。当時は、王族または王が特別に許可した選ばれた貴族しか通れなかった門でした。  (「ルイ・十四世騎馬像ヴェルサイユ宮殿に帰還 – 【AGIJ】フランス日本語ガイド ..」より)]

ヴェルサイユ宮殿王の門前のカメラで、門左方向に入場口があり、ここで入場チェック受けロイヤル・コートに向かいます。

ヴェルサイユ宮殿王の門前のカメラです。

ヴェルサイユ宮殿入場口前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*