王妃の村里

マーカーは王妃の家です。

王妃の村里
[マリー=アントワネットはヴェルサイユの宮廷から遠ざかることを考えて、1783年、村里を欲しました。田園生活の魅力と、親しい宮廷の女性たちに囲まれてのひと時を求めて、王妃は村里を訪れました。村里は、農夫が管理する 実際の農家として機能し、そこからの収穫物は宮殿の厨房に運ばれたのです。第一帝政期には、村里は皇后のマリー=ルイーズのために優雅な家具調度品が取り揃えられていました。
小トリアノンの周りに最初の庭園が出来上がるやいなや、マリー=アントワネットはもう既にサン・タントワンヌ門の方に伸びる2つ目の庭園の造成を考えていました。この新しい場所において王妃は、ルイ15世(在位:1715年 – 1774年)がトリアノンの動物園で既に始めていたこと、つまり、田園趣味を発展させたのでした。1783年から1787年にはノルマンディー地方の本当の村よろしく大きな湖の周りに11軒の家が建てられ、村里を形成しました。そのうちの5軒、王妃の家、ビリヤードの家、私室のあった家、水車小屋、酪農小屋は、王妃とその客人たち専用に使われました。その他、農場とその別館、納屋、鳩舎、酪農仕込小屋の4軒は、農作業のために使われました。農場は村から離れた場所にあり、8頭の雌牛と1頭の雄牛、10頭の山羊、鳩といった家畜が飼われていました。残る1軒は、家事専用に使われ、王妃の家や水車小屋に運ぶ夕食を準備するための料理保温小屋となっていました。
それぞれの家には小さな庭があり、キャベツ、カリフラワー、アーティチョークなどが植えられ、クマシデの生垣とクリの木の柵で囲われていました。階段の手すり、回廊、バルコニーはサン=クレマンの陶器の壷で飾られ、白と青のその壷にはヒヤシンス、ニオイアラセイトウ、ゼラニウムなどの花が植えられていました。小さな果樹園にはリンゴやサクランボの木が植えられていました。家の壁や、小道に木陰を落とす樹木のトンネルには、つる植物が這わせてありました。1785年には、王家の子供たちのためにブランコが設えられましたが、それは間もなく取り外されました。1788年にはブール遊びの場所も作られました。大きな湖の畔にそびえる目印のようなマルルボローの塔は、ボート遊びや釣り遊びに出かける時の出発点となっていました。  (「村里 – ヴェルサイユ宮殿」より)]

[王妃の家 – 王妃の家は村里にある建物の中で最も大きな建造物ですが、実際には二つの建物から構成されており、マリー=アントワネットのモノグラムが入った青や白の陶製植木鉢で飾られた木の回廊でつながっています。 厳密に言えば右側に位置するのが王妃の家で、その地上階には食堂と遊戯の間、上の階には大広間、小広間、中国様式小部屋があります。左側に位置するのがビリヤードの家で、その地上階段にはビリヤード室、上の階には小居室があります。
トリアノンの女主人は、麦藁帽子と質素な白モスリンのドレスに身を包み、回廊の上から畑仕事の模様を見晴らしたことでしょう。
私室 – 「ブドワール」(私室)と呼ばれた王妃の小さい家は、広間と衣装部屋から構成され、周りを囲む庭は密閉されたものでした。その建物は、葦葺きの屋根、屋根窓、庇、石階段などが特徴的です。
マルボローの塔 – マルボローの塔と呼ばれた漁場監視塔は、小舟で行く池の散歩コースの出発点であり、川カマスやコイなどの魚を捕らえるための釣り具も収容していました。上階は展望所の役割を果たし、そこからヴェルサイユ宮殿と信号の交信を行うこともできました。塔の名前は、その当時流行した「英国びいき」を反映したもので、1722年のマールバラ公(フランス語の発音でマルボロー公)の死を悲しんで作曲された曲からきています。
水車小屋 – 水車小屋は湖のほとり、その分流の川岸に位置し、その車輪によって穀物が挽かれました。この小屋には共同洗濯場もあり、村里での生活に利用されました。
料理保温室 – 建物の図面が直角に配された料理保温室は、大きな調理場、食料戸棚、そして小さな配膳室から構成された小屋です。
酪農小屋 – 酪農小屋の向かい側には第一帝政時代に壊された酪農仕込小屋が存在し、そこではクリームやチーズが製造されていました。また、牛乳からクリームを分離する作業やバターを作るための攪拌作業なども行われていました。そしてそこで仕込まれた乳製品は、酪農小屋で王妃によって試食されたのです。この酪農小屋は、大理石のテーブルや磁器食器類を備えていて、しかもルイ18世によって修復もされましたが、ランブイエ宮殿に整備された酪農小屋ほど豪華なものではありませんでした。
農場 – 農場では、王妃の要望に応えてスイスから持ち込まれた動物たちが飼育されました。その中には雌牛、雄牛、子牛、「雌山羊」、ヤギ、ヒツジ、「強暴でない白雄山羊」などが含まれていました。農場のポーチは二つの石球で装飾されていました。
鳩舎 – 今ではなくなってしまった舞踏室、納屋、鶏小屋の横には、風情のある鳩舎が現在でも残っています。その傍らに流れる川にはコイが溢れ、石橋がかかっています。
衛兵の家 – 衛兵の家にはかつてスイス人ジャン・ベルシーが住んでいました。その囲いの一部は格子細工のアーチで覆われた小道に隣接し、そこでは球遊びが楽しまれました。  (「村里の製造所 – ヴェルサイユ宮殿」より)]

Le Rocher et le Belvédère – Google Map 画像リンク」、「Marie Antoinette’s Grotto – Google Map 画像リンク

王妃の村里のストリートビューで、カメラ東南東方向が王妃の家で、その左・カメラ東北東方向に鳩舎、その左カメラ北東方向に衛兵の家、王妃の家右・カメラ南東方向に私室、カメラ南南東方向に水車小屋、カメラ西南西方向にマルボローの塔、マルボローの塔に接して右に酪農小屋があります。また、王妃の家の東側裏に料理保温室があります。

カメラ東方向小屋が王妃の私室、その右に水車小屋、左に王妃の家(改修中)、カメラ北北西方向にマルボローの塔と酪農小屋があります。

農場のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*