恵みの聖母の扉と礼拝堂

マーカーは恵みの聖母の扉と礼拝堂です。

恵みの聖母の扉と礼拝堂
[東側に町への入り口があり、その中にはノッサ・セニョーラ・ダ・ピエダーデ(Nossa Senhora da Piedade)に捧げられた礼拝堂があり、伝説によれば1246年の包囲( サンシュ 2 世(在位:1223年 – 1248年)と アフォンソ 3 世(在位:1248年 – 1279年)の間の争い)の後に感謝の気持ちを込めて捧げられたと言われる像が置かれた壁龕がすでにあったはずです。
この恵みの聖母の扉内の礼拝堂は、インドの治安判事ベルナルド・デ・パルマ(Bernardo de Palma)の発案で、オビデン出身の青年への報われない愛の末に亡くなった娘との約束を果たすために 1727 年に改修され、小塔が真の寺院に変わりました。内陣、祭壇画、聖歌隊席、トリビューン、聖具室があり、身廊は内部を通り抜ける通路にすぎません。
かつてはオビドス村への主要なアクセスでしたが、ディレイタ通り(Rua Direita)が創設され、フェルナンド 1 世(在位:1367年 – 1383年)による城壁が延長されて主要な道路軸が変更されました。  (「Monumentos da Vila de Óbidos – Porta e Oratório de Nossa Senhora da Graça」より)]

Porta do Vale ou Senhora da Graça – Google Map 画像リンク

恵みの聖母の扉前のカメラです。

恵みの聖母の扉内のカメラで、カメラ北方向が祭壇になります。

恵みの聖母の扉城内の城壁歩廊からのカメラです。