文化の家(旧市庁舎)

マーカーは文化の家(旧市庁舎)です。

文化の家(旧市庁舎)
[エルバス文化の家は、市の中心部の共和国広場にあり、建築家フランシスコ・デ・アルーダ(Francisco de Arruda)によって 1538 年に建てられた建物で、20 世紀半ばまで市庁舎として使用されていました。
この建物は、内側に見える 2 番目のイスラムの柵を壁に埋め込んで建てられ、18 世紀後半に大きく変更されました。
建物の外側には、共和国広場を見下ろす美しい 16 世紀のギャラリーと、カデイア通りから見えるマヌエル様式の窓が目立ちます。ポータルには、騎士と旗が付いた都市の紋章が表示されます。中に入ると、シリロ・フォルクマール・マシャド(Cyrillo Volkmar Machado)の絵画が飾られたメインルームと、18世紀の家具が置かれたアーカイブルームに遭遇します。現在展示会に使用されているホールには、第 2 イスラム壁の一部があります。
現在は文化の家として、さまざまな特別展やその他の文化イベントが開催されています。  (「Casa da Cultura / Antigos Paços do Concelho」より)]

Casa da Cultura de Elvas – Google Map 画像リンク

文化の家(旧市庁舎)前のカメラです。