洞窟(Gruta)

マーカーは洞窟(Gruta)です。

洞窟(Gruta)
[この洞窟(Gruta)は、以前はフルダ (furdas・豚小屋)でしたが、現在はピカレスクの観光スポットとなっており、いくつかの岩の基部にある空きスペースからできています。この地域での人気の建築では、これらの大きな岩が建造物の一部としてよく使用されます。それらは多くの場合、取り付けられていても原石のままでも壁として機能し、部分的に覆いとして使用されます。たとえば、カステロ通りの頂上には、ここでは「単層タイルの家(casa de uma só telha)」と呼ばれる、巨大な岩で完全に覆われた家があります。自然発生的で有機的で伝統的な人気の建築は、地形の不規則性の中に埋め込まれ、硬い花崗岩の露頭や岩の存在と共存し、建築上の解決策と材料が起伏の多い地形によく適応しているものの、現代の快適さからは外れており、独自のアイデンティティを示しています。  (「Gruta – Aldeias Históricas de Portugal」より)]

Gruta – Google Map 画像リンク

洞窟(Gruta)入り口前のカメラです。

洞窟(Gruta)を利用したレストラン。