聖ペテロ教会

マーカーは聖ペテロ教会です。

聖ペテロ教会
[中世に設立され、建設当初からファサードにある古いゴシック様式の門の遺跡のみが保存されています。この教会は、村内の他の教会と同様に 16 世紀後半に改修され、大きな窓のある古典的な正門から光が差し込み、教会内部を照らしています。1755 年のリスボン地震で大きな影響を受け、身廊が 1 つだけあるその内部は、ブラガンサ王朝時代初期(17 ~ 18 世紀) の金箔を施した木工品で作られた壮大なバロック様式祭壇画が際立っています。
祭壇の背障に描かれた古い絵画『キリストから天国への鍵を受け取る聖ペテロ』は17 世紀後半または 18 世紀初頭のもので、現在祭壇画右側の壁にあります。この教会には、フランシスコ・ラファエル・ダ・シルベイラ・マルリョン神父 (Francisco Rafael da Silveira Malhão・1794 ~ 1860 年) が埋葬されており、内陣には刺激的な墓石があり、画家のジョゼファ・デ・オビドス(1630 ~ 1684 年) がこの教会に埋葬されることを遺言に残しています。  (「Monumentos da Vila de Óbidos – Igreja de São Pedro」より)]

São Pedro Church – Google Map 画像リンク

聖ペテロ教会ファサードのカメラです。

聖ペテロ教会身廊のカメラです。

聖ペテロ教会祭壇前のカメラで、祭壇右壁に『キリストから天国への鍵を受け取る聖ペテロ』が掲げられています。