聖マルティン礼拝堂

マーカーは聖マルティン礼拝堂です。

聖マルティン礼拝堂
[サン・ペドロ教会の正面にある家族葬の礼拝堂。1331 年にロウリニャン (Lourinhã)の牧師であり、リスボン大聖堂の受益者であるペロ・フェルナンデス(Pêro Fernandes)神父によって設立されました。正面にはコーベル(持ち送り)で頂上にある楕円形の柱廊玄関があり、植物装飾飾りの柱頭を備えた柱の上に 3 つのアーキボルトが置かれ、その上にはゴシック様式の碑文があります。リブ・ヴォールトで覆われた内部には、扇形のアルコソリウム(Arcossólio)の中に 3 つの墓があり、そのうちの 1 つは彫刻された剣を特徴としています。
外墓地には中世の墓が 2 つ残っており、右側の墓には 5 つの紋章が付いています。貴族や騎士の墓の存在は、聖騎士である聖マルティンの革新と関連しています。アルコバッサ修道院との建築モチーフの類似性は明らかであり、オビドスのゴシック建築の最も重要な例の 1 つです。1913 年にサカベム子爵によって買収され、現在はオビドス市に寄贈されています。  (「Monumentos da Vila de Óbidos – Capela de São Martinho」より)]

聖マルティン礼拝堂ファサードのカメラです。

聖マルティン礼拝堂内のカメラです。