アルカトラズ島

マーカーはアルカトラズ島です。

アルカトラズ島
[アルカトラズ島(Alcatraz Island)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のサンフランシスコ湾内、サンフランシスコ市から2.4kmのところに浮かぶ、面積0.076km2の小島である。昔は灯台、軍事要塞、軍事監獄、そして1963年まで連邦刑務所として使用され、ザ・ロック、監獄島とも呼ばれている。1972年、国立レクリエーション地域となり、1976年及び1986年にランドマークの指定を受けた。現在、この島は、アメリカ合衆国国立公園局が運営するゴールデンゲート国立レクリエーション地域の歴史地区となっており、一般観光客に公開されている。観光客は、フィッシャーマンズワーフ_(サンフランシスコ)近くのピア33からフェリーで島に渡ることができる。
アルカトラズ島に服役した受刑者の中には、有名な者も多い。ロバート・フランクリン・ストラウドは、殺人罪でカンザス州レブンワースの刑務所に服役中に看守を殺して死刑判決を受けた後、嘆願により1920年終身刑に減刑され、1942年アルカトラズ連邦刑務所に移送され、1959年他所へ移送されるまでの17年間をここで過ごした。レブンワース刑務所でカナリアを飼ってその病気について研究し、本も書いていたことから「バードマン」(鳥人間)というあだ名で知られたが、同刑務所で、研究の名目で手に入れた道具を酒の密造に使おうとしていたことが発覚するなどしてカナリアの飼育が禁止され、アルカトラズ時代には鳥を飼ってはいなかった。著名なギャングアル・カポネジョージ・“マシンガン”・ケリーなどもここに収容されていた。
連邦刑務所時代には、14回の脱獄事件が起き、それに関与した受刑者は36人である(うち2人は2回脱走を試みた者)。このうち23人は身柄を確保され、6人は射殺され、2人は溺死した。5人は行方不明であるが、溺死したものと推測されている。1962年6月11日、フランク・モリスとアングリン兄弟が監房から消えるという有名な脱獄事件が発生した。手製のドリルで通気孔が広げられており、夜の見回り時に気付かれないよう、ベッドには作り物の人間の頭が置かれていた。壁の後ろのパイプなどを伝って建物から脱出し、島の北東部から泳ぎ出したと見られているが、島外にたどり着いたかは不明である。この脱獄劇は、後にクリント・イーストウッド主演の映画『アルカトラズからの脱出』に描かれた。
夜明けのアルカトラズ島(2005年)・wikipedia-photo、アルカトラズ島の灯台・wikipedia-photo、1895年当時のアルカトラズ島・wikipedia-photo、上空からの写真・wikipedia-photo、「右がサンフランシスコ市街、下がゴールデンゲートブリッジ、そしてトレジャー島の下にある船のような形をした小さな島がアルカトラズ島である。」・wikipedia-photo、3階建ての監房の並び。・wikipedia-photo、「看守が監視に立ったガン・ギャラリー」・wikipedia-photo、「1962年の脱獄事件で壁に開けられていた穴(左)と、ベッドに置かれていたダミーの頭(右)。」・wikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・アルカトラズ島より)]

アルカトラズ島 – Google Map 画像リンク」「Alcatraz Island Ferry Terminal – Google Map 画像リンク」「アルカトラズ連邦刑務所 – Google Map 画像リンク」「アルカトラズ島の灯台 – Google Map 画像リンク」「Agave Trail – Google Map 画像リンク

アルカトラズ島フェリーポートのカメラです。

アルカトラズ連邦刑務所職員住宅のカメラです。

アルカトラズ連邦刑務所内のストリートビューです。

アルカトラズ連邦刑務所監房室前のストリートビューです。

アルカトラズ連邦刑務所独房内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*