グレース大聖堂

マーカーはグレース大聖堂です。

グレース大聖堂
[グレース大聖堂(英語:Grace Cathedral)はカルフォルニア州サンフランシスコにある、大聖堂である。現在、サンフランシスコ湾付近に位置し、カルフォルニア州全域を監督(別名司教)の教区としている。ノートルダム大聖堂を元に、グレース大聖堂は1849年のカリフォルニア・ゴールドラッシュ時に建てられた。当時の名称はグレース教会であった。最初はとても小さな礼拝堂であったが、3回もの改築の末、規模が大きくなり、グレース大聖堂と名を改めた。しかし、1906年にあったサンフランシスコ大地震で火災に遭い、崩壊した。その崩壊の50年以上、後の1964年11月に現在の建物が、William H. CrockerとCharles Crockerの敷地内に建てられた。ギベルティの門(別名 天国への門)と名付けられた重厚な門はイタリアフィレンツェにあるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂サン・ジョヴァンニ洗礼堂と同じ鋳型で造られた。サン・ジョヴァンニ洗礼堂の門扉の模造ではあるものの、とても立派に造られている。グレース大聖堂の床には、フランスにある、ノートルダム・ド・シャルトル (シャルトル大聖堂) の有名な中世迷宮に基づく迷路と同じものがある。その迷路を渡ると、瞑想状態に陥るという迷信もあるほど。内部には、677㎡ものステンドグラスが、至る所に施してある。また、ノートルダム大聖堂(パリ)よりは規模は小さいが、同じくバラ窓も3つ存在する。
グレース大聖堂・wikipedia-photo、グレース大聖堂の全景・wikipedia-photo、正面から・wikipedia-photo、上空からの画像・wikipedia-photo、横からの画像・wikipedia-photo、カルフォルニアst.から・wikipedia-photo、ギベルティの門・wikipedia-photo、グレース大聖堂 内部・wikipedia-photowikipedia-photo、ラビュリントス(迷路)・wikipedia-photo、ステンドグラス・wikipedia-photo  (wikipedia・グレース大聖堂より)]

グレース大聖堂 – Google Map 画像リンク」「Chapel of Grace – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がグレース大聖堂で、東方向はハンティトン・パークです。

グレース大聖堂正面ゲートのカメラです。

グレース大聖堂拝廊のカメラです。

グレース大聖堂内陣前のカメラです。

グレース大聖堂内陣のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*