ケーブルカー(PH線、PM線)

マーカーはケーブルカー(PH線、PM線)のターニング・ポイントです。

ケーブルカー(PH線、PM線)
[パウエル – ハイド線 (Powell-Hyde)、パウエル – メイソン線 (Powell-Mason)両線とも、市内の中心部であるマーケット・ストリート (Market Street) と、観光名所でもあるフィッシャーマンズ・ワーフ (Fisherman’s Wharf) とを結ぶ。ともに起点はマーケット・ストリートのウェストフィールドサンフランシスコセンター(WestField San Francisco Center)そばを起点としている。メイソン線はピア39にほど近いベイストリート(Bey St)とテイラーストリート(Taylor St)の交差点手前を終点とし、ハイド線はサンフランシスコ海事国立史跡公園を終点とする。マーケット・ストリートからチャイナタウンのケーブルカー博物館付近までは2路線で線路を共有し、そこから二手に分かれる。構造上、車両は一方向にしか走行できないため、両端の終着場でターンテーブルを利用して、車両の方向を変える必要がある。 (wikipedia・サンフランシスコ市営鉄道より)]

Cable Car Turnaround Powell St.roldan Villarama enriquez Filipino since birth – Google Map 画像リンク

カメラ位置はケーブルカー(PH線、PM線)のターニング・ポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*