サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ

マーカーはサンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジです。

サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ
[サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ(英語: San Francisco-Oakland Bay Bridge、法的な正式名称はThe James ‘Sunny Jim’ Rolph Bridge、地元では Bay Bridgeと呼称)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ市とオークランド市を接続する橋。瀬戸大橋が開通するまでは世界一長い吊り橋だった。州間高速道路80号線が通過し、一日に270000台の通行量がある。オークランドからサンフランシスコに渡る場合のみ、4ドル徴収される。 通行料はFasTrakというETCでの支払いも可能で、専用レーンも存在する。1936年11月12日 鉄道道路併用橋として開通。当時の通行料金は65セントだった。1963年10月 自動車専用橋に変更され、上のデッキが西行の5車線に、下のデッキが東行の5車線に変更された。
歴史
●1872年 アメリカ合衆国初代皇帝を自称したジョシュア・ノートンがサンフランシスコとオークランドを結ぶ橋の建設を命じる。
●1936年11月12日 鉄道道路併用橋として開通。当時の通行料金は65セントだった。
●1939年1月15日 電車(サザン・パシフィック鉄道とキー・システムによる)の運行を開始。
●1958年4月20日 電車の運行が廃止。
●1963年10月 自動車専用橋に変更され、上のデッキが西行の5車線に、下のデッキが東行の5車線に変更された。
●1972年9月 橋の混雑緩和のためにバート_(鉄道)が建設され、運行を開始。
●1989年10月17日 ロマプリータ地震。サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジの一部が崩壊。
●2002年1月29日 ヤーバ・ブエナ島より東側の区間の架け替え工事が開始された。2013年に完成する予定。
●2007年4月29日 オークランドの橋の出口付近にあるインターチェンジでタンクローリーが横転し、道路が完全に溶けた関係でヤーバ・ブエナ島より東側で通行止めとなる。復旧まで数ヶ月かかり、車で通勤する数十万人に大きな打撃を与えていた。
「サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ」・wikipedia-photo  (wikipedia・サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジより)]

サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ – Google Map 画像リンク

サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ

橋は2層で、上がオークランドからサンフランシスコへの道で、下がサンフランシスコからオークランドの道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*