サンフランシスコ・ケーブルカー博物館(ケーブルカー車庫)

マーカーはサンフランシスコ・ケーブルカー博物館です。

サンフランシスコ・ケーブルカー博物館(ケーブルカー車庫)
[ケーブルカーの車庫はWashington StreetとJackson Streetの間、Mason Streetと交わる辺りから少し上ったところにある。車両はJackson側から惰性で後ろ向きに入り、Washingtonの方へ惰性で出て行く形になる。片側向きの車両が正しい向きで出て行くことが出来るよう、車庫の中には4つ目のターンテーブルが備えられている。車両が車庫内を移動する際にはゴムタイヤを履いたトラクターによって動かされる。車庫は発電所とケーブルカー博物館の真上に位置している。博物館の入り口はWashingtonとMasonの交点付近である。博物館には古いケーブルカーが数両展示されており、その他小規模な展示や土産屋もある。特に興味深いのは発電所を直に見られるギャラリーと、WashingtonとMasonの交差点下にある、ケーブルの向きを変えて送り出すための巨大な滑車を見られるギャラリーであろう。  (wikipedia・サンフランシスコ市営鉄道より)]

[博物館から見たパワーハウス・wikipedia-photo、最近の写真・wikipedia-photo]

ケーブルカー博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がサンフランシスコ・ケーブルカー博物館(ケーブルカー車庫)です。

サンフランシスコ・ケーブルカー博物館(ケーブルカー車庫)入口前のカメラです。

サンフランシスコ・ケーブルカー博物館(ケーブルカー車庫)内のカメラです。

サンフランシスコ・ケーブルカー博物館(ケーブルカー車庫)内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*