サンフランシスコ・フェリー・ビルディング

マーカーはサンフランシスコ・フェリー・ビルディングです。

サンフランシスコ・フェリー・ビルディング(San Francisco Ferry Building)
[サンフランシスコ・フェリー・ビルディングは、サンフランシスコ湾やエンバカデロのショッピングセンター行きのフェリーターミナルです。建物中央の時計塔はスペインセビリアの12世紀ジラルダ鐘楼をモデルにしている。建物は地元サンフランシスコの建築家A.ページブラウンの設計により1898年に建設された。
建物は1906年、1989年の二度の地震にも驚くほど小さな被害はを生き延びたが、ゴールデンゲートブリッジの建設など、交通網の発達によりフェリーターミナルとしては衰退していった。サンフランシスコ・フェリー・ビルディングを再び街のシンボルとしようとプロジェクトが始まり、ビルの外観はそのままに、中は吹き抜け天井の開放感あるスペースで、地元の「食」に関するショップを集め、2階はオフィスにし、2003年再オープンした。時計塔の時計は2000年改修時には、完全に損なわれていなく、1898年ボストンの時計メーカーE.ハワードによって作られたオリジナルの状態を維持している。また、毎週開かれるファーマーズマーケットも以前は少し離れた場所だったものを、この周辺に変更して人を集めるようにした。
「サンフランシスコ・フェリー・ビルディング」・wikipedia-photo、エンバカデロに面した北東からのフェリービルディング・wikipedia-photo、1906年サンフランシスコ地震後のフェリービルディング・wikipedia-photo]

フェリー・ビルディング – Google Map 画像リンク」「フェリー・ビルディング2 – Google Map 画像リンク」「Ferry Plaza Farmers Market – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がサンフランシスコ・フェリー・ビルディングです。

サンフランシスコ・フェリー・ビルディング1階のカメラです。

サンフランシスコ・フェリー・ビルディング2階歩廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*