サンフランシスコ海事国立歴史公園、海事博物館

マーカーは海事博物館です。

サンフランシスコ海事国立歴史公園
[ギラデリスクエアから海の方向に、船をかたどった白い建物の博物館や船舶が並ぶサンフランシスコ海洋国立歴史公園がある。海洋博物館が改装工事を終え、アクアティック・パーク・バスハウス・ビルディングと名称を変更、’09年8月現在、建物のロビーとベランダを一般公開している。2011年までには、本格的にリニューアルオープンし、展示品も公開される予定だ。海洋博物館には、太平洋で活躍した数々の船舶や、船のマスト、帆柱などの実物や、捕鯨を撮影した写真、船の模型などが所蔵されている。また、ここには、2002年7月18日に7回目の太平洋横断を成し遂げ、サンフランシスコ湾に到着した海洋冒険家、堀江謙一さんが40年前の航海のときに使用したマーメイド号がある。沿岸に停泊する船舶の数々もぜひ訪れてほしい。ハイドストリート・ピアには1895年完成の商船 C.A.タイヤー号、1886年進水の貨物船バルクルーサ号、1890年建造の客船ユーリカ号、1907年建造の曳航船ヘラクレス号などが停泊している。ハイドストリート・ピアから離れたピア45には、復元された第二次世界大戦時の長距離潜水艦U.S.S.パンパニト号がその勇姿を見せている。 (「地球の歩き方」より)]

サンフランシスコ海事国立史跡公園 / サンフランシスコ旅行|エクスペディ

C.A.タイヤー号

ユリーカ号

ヘラクレス号

カメラ位置はサンフランシスコ海事国立歴史公園で、カメラ北方向に船舶が展示されています。また、カメラ南西方向に海事博物館があります。

カメラ北方向が海事博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*