サンフランシスコ アジア美術館

マーカーはサンフランシスコ アジア美術館です。

サンフランシスコ アジア美術館
[『サンフランシスコ アジア美術館』は、1966年、実業家“アベリー・ブランデージ”氏により、サンフランシスコ市へ寄付されました。オープン以来35年にわたり、“ゴールデンゲートパーク”で親しまれてきましたが、2003年3月20日、“シビックセンター”に生まれ変わってオープンしています。
『サンフランシスコ アジア美術館』は、アジアからの美術品だけを保有する美術館として、西洋諸国で最大規模を誇っています。『サンフランシスコ アジア美術館』のコレクションは、アジアの6000年以上もの歴史の中から、14,000点以上。これらのコレクションは、「展示」、「研究」、「教育」、「融資」などの目的に使われています。
“シビックセンター”への移転は、総工費160,500,000ドルをかけた巨費プロジェクトでした。このプロジェクトには、韓国生まれのシリコンバレーの企業家“チョン・ムーン・リー”氏が、15,000,000ドルを寄付しました。デザイナーに“ガウ・アウレンティ”を迎え、“旧市立図書館”を改築し、耐震性も高めています。同時に、美術品の修復も行いました。  (「サンフランシスコ アジア美術館 – サンフランシスコ観光協会」より)]

[スポーツ以外の分野においては、アベリー・ブランデージはアジア美術の蒐集家として名をはせた。収集は、1927年に日本の根付を購入したことに始まり、最終的には絵画、陶器、彫刻、青銅器、翡翠や木造彫刻、象牙の彫り物などアジア全域の美術品を集めた膨大なコレクションを作り上げた。1950年代の終わりにはそのコレクションは個人の手には負えない規模になっており、ブランデージは自分のコレクションを美術館に、それもアジアへの窓口となる西海岸の美術館に寄贈することを考え始めた。まず、カリフォルニア大学バークレー校と、スタンフォード大学が候補となったが、ブランデージのコレクションの量は両大学が扱える範囲を超えていた。結局ブランデージはコレクションをサンフランシスコ市に提供することを申し出、市側もこれを熱意を持って受け入れた。1959年双方は合意書に署名、市はゴールデン・ゲート・パークにあるデ・ヤング美術館に併設する新館建設の資金を集めること、寄贈された作品をアベリー・ブランデージ・コレクションと名付けることなどを約束した。1966年には公開が始まり、数回、また遺贈としても、自身のコレクションをサンフランシスコ市に寄贈している。約7700点。その日本絵画コレクションは、特定分野、特定画家への作品集中度にはやや欠ける傾向にあるが、逆に言えばある特定の分野に偏っておらず、ブランテージ自身が慎重に選びぬいた優品が揃っている。これらの寄贈物を保存・展示する場所としてサンフランシスコ・アジアン・アート・ミュージアム (Asian Art Museum of San Francisco) が設立された(2003年時点で、なお過半数がブランデージの寄贈物で占められている)。  (wikipedia・アベリー・ブランデージより)]

サンフランシスコ・アジア美術館 – Google Map 画像リンク」「Society for Asian Art – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサンフランシスコ アジア美術館です。

サンフランシスコ アジア美術館ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*