テレグタフ・ヒル、コイト・タワー

マーカーはコイト・タワーです。

テレグタフ・ヒル(Telegraph Hill, San Francisco)
[テレグラフ・ヒルはノースビーチのすぐ隣。東側の沿岸部からはコイト・タワーのある丘に向かって断崖になっている。その坂はかなりの急坂でコイト・タワーへの道は丘を巻くような形とせざるを得なかった。付近一帯は高級住宅街。  (「サンフランシスコ観光情報」より)]

[サンフランシスコ湾のボートからテレグラフヒルの眺め・wikipedia-photo、ロシアンヒルから見たテレグラフヒルのコイトタワー・wikipedia-photo、イーストベイから見た日没後のテレグラフヒルのコイトタワー・wikipedia-photo]

コイト・タワー(Coit Tower)
[テレグラフヒルの頂上に建つ、高さ180フィート(約55m)の塔。「私が愛し続けたこの街を、より美しくするために」とリリー・ヒッチコック・コイトの遺産12万5000ドルで建てられた。完成は1933年。1906年の大地震で発生した火災に立ち向かった消防士を称えて、消火ホースのノズルの形をイメージしてデザインされたといわれるが、設計者にはそんなつもりはなかったようだ。限られた予算で、狭い敷地に記念碑を造るためにシンプルな円柱状のデザインを考えたのだ。丘の上に建っていても不安定な印象を与えないために、実際は完全な円柱ではなく、頂上部の直径は一番下の部分と比べると約50cmほど小さい。エレベーターで頂上の展望台まで行ってみよう。窓から外をのぞくかたちで視界は広くないが、サンフランシスコの美しい景色を見渡せる。
フォアグラウンドでのコロンブスの銅像とコイトタワー・wikipedia-photo、上空からのコイトタワー(2008年)・wikipedia-photo、ロンバードストリートからの眺め・wikipedia-photo、日没時にコイトタワーの画像・wikipedia-photo、夜のコイトタワー・wikipedia-photo、テレグラフヒルのフィルバートストリートとネイピアレーンの交差点・wikipedia-photo]

パイオニア・パーク – Google Map 画像リンク」「コイトタワー – Google Map 画像リンク

カメラ位置はパイオニア・パークで、カメラ初期設定方向がコイト・タワーです。

コイト・タワー正面のカメラです。

コイト・タワー上空の鳥瞰カメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*