フィッシャーマンズワーフ

マーカーはフィッシャーマンズ・ワーフの看板です。

フィッシャーマンズワーフ
[フィッシャーマンズ・ワーフ(Fisherman’s Wharf)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコにある観光地。大まかにはサンフランシスコのウォーターフロント北部、ギラデリ広場やヴァン・ネス大通り東から、ピア35やカーニー通りまでを指す。「漁師の波止場」の名の通り、この周辺は19世紀半ばのゴールドラッシュでサンフランシスコが大きな町になった時期以来の漁港で、様々な色に塗られた漁船が多数停泊し、獲れたばかりの魚やエビ・カニ類を水揚げする場所であった。この区域では、ピア39、サンフランシスコ海運歴史国立公園、カネリー・ショッピングセンター、ギラデリー広場、珍品収集博物館の 「Ripley’s Believe it or Not」 、からくり博物館の Musee Mecanique 、蝋人形博物館、フォーブズ島(Forbes island)、また新鮮な魚介類、特にイチョウガニとクラムチャウダーサワードウのパンの器に入れて提供するレストランや軽食店が有名である。Pompeii’s や Alioto’s #8 その他のレストランのオーナーは、同じ家族が3世代にわたって続けている。ピア45の近くには、サンフランシスコと北カリフォルニアの亡くなった漁師の記念教会もあるが、こちらは毎日開館しているわけではない。1年に1度、教会はなくなった漁師のための礼拝を執り行う。
フィッシャーマンズ・ワーフへの行き方には、いろいろな方法がある。
●路面電車の F Market は、このエリアを通過する。
サンフランシスコ市営鉄道ケーブルカー、パウエル‐ハイド線は、フィッシャーマンズ・ワーフの端にあるサンフランシスコ海運歴史国立公園を通過する。
●同じくケーブルカーのパウエル‐メイソン線も数ブロック先を通過する。
サンフランシスコには他にも、チャイナタウン、ロンバー・ストリートやノースビーチといった有名な観光地があるが、これらはすべてフィッシャーマンズ・ワーフ付近に点在している。
フィッシャーマンズ・ワーフは、サンフランシスコにおける多くのイベントの会場となる。その中には、7月4日の国際花火大会やフリート・ウィーク航空ショーも含まれている。
「フィッシャーマンズ・ワーフの看板」・wikipedia-photo、「フィッシャーマンズ・ワーフの俯瞰」・wikipedia-photo  (wikipdia・フィッシャーマンズワーフ (サンフランシスコ)より)]

Fisherman’s Wharf Sign – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がフィッシャーマンズ・ワーフの看板です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*