フォーブス島

マーカーはフォーブス島です。

フォーブス島(Forbes Island)
[ベイエリアで唯一の「浮島」レストランでした。フォーブス島は、1980年12月23日に居住地として始まり、カリフォルニア州マリン郡のサウサリート近くのリチャードソン湾に停泊しました。フォーブス・トール・キッドー(Forbes Thor Kiddoo)によって作成されました。彼は、浮遊住居に80万ドルを投資し、1975年から1980年にかけて、古い船の舷窓、海の絵、旋盤を使用して、木製の羽目板と柱を固定します。15室、3室の客室、600平方フィートのサロンに「上質の木材、鏡、真鍮、ペルシャ絨毯、暖炉、チェステーブル、グランドピアノ、イングリッシュパイプオルガン」、そして独自のワインセラーがありました。1980年代後半までに、サウサリートの住民は住居が違法に係留されたと不平を言い始めました。Islandsマガジンの1987年の記事では、キッドーがハウスボートの販売を意図していたと記されていましたが、1991年までサンフランシスコ湾保全開発委員会が建築規制のために彼をサウサリートから追い出しました。
立ち退き後、キッドーはハーフムーンベイでのはしけの係留を申請しましたが、拒否されました。 彼はカリフォルニア州アンティオークで5年間アンカーを固定し、改造に時間を費やしてから、サンフランシスコで15年間の再生可能リースを与えられました。島の住居は、1999年にサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフにあるピア39とピア41の間にあるフォーブスアイランドレストランとして移転および再開されました。ベイエリアで唯一の「浮島」レストランであり、長さ50 x 100フィート、重さ700トン、独自のヤシの木、滝、偽の暖炉、フレネルレンズ付き55段の灯台、タヒチ料理のダイニングルームがありました。ポータル付きのダイニングルームは水中にあり、19世紀初頭の帆船の内部に似せて装飾されていました。レストランには、かつてトニー・ベネットコンサートの会場だった独自のワインセラーがあり、女性用の私室もあります。
2016年、島は改修および修理工事を受けました。4月5日、サンフランシスコの消防局の消防艇が島をBAE Systemsのサンフランシスコ70番船修理ヤードまで曳航し、2か月の修復を開始しました。その後、ピア39付近の場所に戻され、6月15日に再開する予定でした。2017年8月、フォーブス島レストラン(Forbes Island Restaurant)は閉鎖され、フォーブス・トール・キッドーは引退しました。
2018年3月、レストランは以前の場所であるブレントウッドのホランドリバーサイドマリーナに停泊しましたが、売り物と言われていました。 レストランとして再開することはまずありませんでした。
フォーブス島・wikipedia-photo、2016年3月にフォーブス島からサンフランシスコ・wikipedia-photo]

フォーブス・アイランド – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向に進むとピア41があり、そこのデッキを進むとフォーブス島があります。

カメラ東方向がフォーブス島です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*